スピーカーコーンを墨汁で塗装し音質アップ|日焼け・カビ対策


スピーカーコーンのカビ

どれだけスピーカーを大切にしていても、日本の気候的のせいだろう、高い湿度に負けて、スピーカーコーンにカビが生えてしまう。

私の自作スピーカーである、FOSTEX FE-127Eユニットは、最初はこんなにきれいな白色をしていた。

ただ、10年という歳月を経て、日焼けやカビが原因で、こんなに汚れてしまった。

カビが生えても、音質はむしろエージングの効果なのか、良くなっている気がする。

しかし、やはり見栄えがよろしくない。

墨汁によるスピーカーコーンの塗装

スピーカーコーンの見栄えを改善するために、塗装することにした。

塗装に使用するものは・・・

そう、「墨汁(墨液)」だ。

私は、100円ショップであるseriaで売られている、上記画像の一番右端の墨汁(墨液)を購入した。

墨汁(墨液)の主成分は、「炭素(カーボン)」である。

特に、墨はグラファイトで、金属と半導体の両方の性質を持つものである。スピーカーコーンにグラファイトの皮膜を作り、音質アップの効果が期待できる。

また、墨汁(墨液)には、防カビ剤、乾燥防止剤、防腐剤が入っていることが多く、音質アップだけでなく、カビ防止や乾燥防止の効果もある。

この墨汁(墨液)による塗装方法は、結構有名なものだ。ネットで検索しても、いくつかの実例を見つけることができる。

墨汁による塗装

では、100円ショップで墨汁(墨液)と一緒に買った、書道用の筆で塗っていく。

書道は有段者ではないが、そんな私でも簡単に塗装ができる。

塗装したばかりのスピーカーコーンがこちら。

乾燥するまでは、このように色ムラがあるように見えるが、乾燥すれば問題なく均一な色になる。

こんな感じだ。簡単に、塗装を行うことができた。

所要時間は約5分だ。

もう少し色を濃くしたければ、二度塗りすればOK。

墨汁による塗装後の音質

墨汁(墨液)の塗装後、音質は向上したか?

その答えは、YESである。

塗装後は、音の輪郭がしっかりしたように思う。

加えて、高音の伸びが増したように思う。

スピーカーコーンに、炭素(カーボン)の被膜が付いたからだろうか。

実際、塗装後のスピーカーコーンを触ってみると、少し硬くなったように思う。

見栄えも改善し、音も良くなったので、塗装をして大正解だ。

コメント

  1. kei より:

    コメントありがとうございます。
    たいへん勉強になります。

    塩素系漂白剤も考えたのですが、おそらく完全には漂白されないのではと思い、墨汁にしました。
    漂白効果が期待できるのであれば、塩素系漂白剤も良いかもしれませんね。