ピストバイクのサドルを交換して軽量化

Pocket

ピストバイクのサドル

これまで、完成品のサドルを使ってきた。

ベロア生地で、クッション性(振動吸収性)も高く、なかなか気に入っていた。

ただ、

シートポストのカーボン化 → ホイールの軽量化 → ステムの交換

とカスタムを続けてくると、どうしても交換したくなる病気にかかってしまったようで、ついにサドルも交換することにした。

私の自転車はピストバイクだが、ロードバイクであっても、クロスバイクであっても、六角レンチさえあれば簡単に交換できるカスタムだ。

交換前のサドルは CHIFA のもので、「299g」となかなか軽量だ。

サドルを交換

交換するサドルはこちらだ。

このように肉抜きされており、なんと重量は「183g」だ。

Amazonで2,000円程度で購入することができた。

レビューの評判も良い。

サドル交換レビュー

「299g」→「183g」への【116g】の軽量化に成功した。

見た目は、なかなかかっこ良い。

交換の効果は、以下のとおりだ。

軽量化(116g)の効果は、あまり体感できない

通気性が良くなった(編み編みなので)

クッション性(振動吸収性)は低下

雨の日にお尻が濡れなくなった(交換前は、吸水性の生地だったため)

雨の日にお尻が濡れなくなったのは嬉しい。

さっと手で払うだけで、水気を切ることができる。

フルカーボンの98gの超軽量サドルも2,000円程度で購入することができ、今回これとかなり迷ったが、結局乗り心地を重視して、編み編みサドルにした。

しばらく乗ってみて、飽きてきたら、次はフルカーボン超軽量サドルに挑戦してみようと思う。