海外の格安VPS Time4VPSを使うべき6の理由

Pocket

世界最安の格安VPS Time4VPS

月々130円〜レンタルできるVPSをご存知だろうか。

リトアニアにあるTime4VPSだ。

国内のVPSであれば、さくらインターネットのVPS等が有名だが、最安プランでも月々1,000円程度の費用がかかってしまう。

今回は、Time4VPSを利用すべき理由を紹介したいと思う。

理由1:月々の価格が格安(最小構成プランで月々130円〜)

何と言っても、魅力は価格だ。

月々130円〜という格安の値段でVPSをレンタルすることができる。
(ジュース1本くらいの価格だ)

最小構成は「XSプラン」というもので、以下のスペックとなる。

  • CPU: 1 x 2.40 GHz
  • RAM: 512 MB
  • HDD: 20 GB (100 IOPS)
  • Bandwidth: 1 TB
  • Port speed: 100 Mbps
  • Backups: Daily, Weekly
  • Virtualization: OpenVZ

更新間隔(支払い期間)を「Monthly」「Quarterly」「Semi-Annually」「Annually」「Biennially」から選べ、2年間一括だと、月々約130円でレンタルできる。

更新間隔 金額(EUR) 金額(JPN) 月々の金額(JPN)
Monthly(1月間隔) 1.99EUR 260円 260円/月
Quarterly(4ヶ月間隔) 4.47EUR 580円 193円/月
Semi-Annually(6ヶ月間隔) 8.19EUR 1,060円 177円/月
Annually(1年間隔) 14.88EUR 1,930円 160円/月
Biennially(2年間隔) 23.76EUR 3,090円 128円/月

※1EUR = 130円で計算

理由2:選べるプランが豊富にある

「XS」〜「XL」まで、選べるプランが豊富にある。

ユニクロの服のサイズよりも多いのではないか。

利用用途に合わせて、選択することができる。

※「とりあえず使ってみる」や「WordPressでブログ」程度であれば、「XSプラン」で十分だろう。

理由3:安定稼働している

海外のVPSは、すぐにサーバダウンするというものもあるらしいが、Time4VPSは安定的に稼働しており、サーバダウンが無い。

信頼性が高いと言える。

安心してレンタルできる。

理由4:海外のVPSだが、遅延が短い(許容範囲)

国内のVPS(さくらインターネット等)は、ping応答時間が、日本国内からだと「20ms」程度である。

Time4VPSは海外(リトアニア)にサーバがあり、物理的距離があるため、どうしてもPing応答時間が遅くなる。
だいたい、「300ms」〜「380ms」程度の遅延時間だ。

[日本からのPing試験結果]

PING blog.bnikka.com (xxx.xxx.xxx.xxx): 56 data bytes
64 bytes from xxx.xxx.xxx.xxx: icmp_seq=0 ttl=42 time=307.502 ms
64 bytes from xxx.xxx.xxx.xxx: icmp_seq=1 ttl=42 time=330.898 ms
64 bytes from xxx.xxx.xxx.xxx: icmp_seq=2 ttl=42 time=349.849 ms
64 bytes from xxx.xxx.xxx.xxx: icmp_seq=3 ttl=42 time=368.918 ms

ゲームや通貨トレード等のサービスを提供する際は、遅延時間がシビアとなるため、考慮が必要だが、一般的なWebサイト等の用途であれば、全く問題ないレベルだ。

理由5:インストール可能なOSが豊富

インストール可能なOSが豊富だ。以下に示すOSをインストールできる。

よっぽど変態じゃない限り、使いたいOSがあるはずだ。

Webmin 1.8 (CentOS 6, PHP 5.5) (64-bit)
VestaCP 0.9 (CentOS 6, PHP 5.5) (64-bit)
ISPConfig 3 (Debian 8, PHP 5.6) (64-bit)
cPanel & WHM (64-bit)
Counter-Strike 1.6 (64-bit)
Filer (CentOS 6, Rsync, FTP, Samba) (64-bit)
Remote Desktop (CentOS 6, VNC) (64-bit)
ownCloud (CentOS 7) (64-bit)
CentOS 6 (64-bit)
CentOS 7 (64-bit)
Debian 7 (64-bit)
Debian 8 (64-bit)
Fedora 22 (64-bit)
Fedora 23 (64-bit)
Scientific Linux 6 (64-bit)
openSUSE 13.1 (64-bit)
openSUSE 13.2 (64-bit)
Ubuntu 12.04 (64-bit)
Ubuntu 14.04 (64-bit)
Ubuntu 15.04 (64-bit)
Ubuntu 16.04 (64-bit)

※2017年11月11日現在

理由6:ダッシュボードが使いやすい

OSをインストールしたり、サーバ状況を確認したりと、ダッシュボードはよく使う機能となるが、以下に示すように、munin的にサーバ状況をグラフ表示する機能もあり、使いやすい。

まとめ

世界最安VPSサービス Time4VPS を紹介してきたが、いかがだっただろうか。

きっと、仮想マシンを1台レンタルする決断となったことと思う。

↓のリンクから申し込むと、少しディスカウントされる場合がある。試していただきたい。

Time4VPS.EU - VPS hosting in Europe

Time4VPS 公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする