市販コーヒー豆を飲み比べてみた | レビュー

Pocket

スーパーで売られているコーヒー豆や、Amazon等で購入できる安価帯コーヒー豆等を飲み比べてみたのでレビューを書いてみたいと思う。

飲み方は、豆を買ってきて、コーヒーミルでグラインドし、挽きたてを、以下のドリッパーを使ってコーヒーを淹れるという方法だ。

小川珈琲 有機珈琲 オリジナルブレンド

生豆生産国:ペルー35%、メキシコ20%、エチオピア15%、ホンジュラス15%、インドネシア15%

香り★★☆☆☆
甘み★★☆☆☆
酸味★★☆☆☆
苦味★★☆☆☆
コク★★☆☆☆

端的に言うと、ラテンアメリカ産のコーヒー豆が多いからか、【すっきり】しており、ブレンドの調合の上手さだと思うが【優等生(バランスがとれている)】といった味わいだ。

逆の言い方をすると、優等生だけに、特に尖った特徴が無く、インパクトに乏しいとも感じる。万人受けする豆で、「失敗した!」と思う人はいないだろう。

アフターミックス製法という、豆のコンディション、味の個性を最大限に引き出すために、豆を別々に焙煎しているらしい。

澤井珈琲 やくもブレンド

生豆生産国:グァテマラ・ブラジル他

香り★★☆☆☆
甘み★★★☆☆
酸味★★☆☆☆
苦味★★☆☆☆
コク★★★☆☆

Amazonや楽天市場等のWebショッピングで購入できる豆。

ラテンアメリカの豆を、シティローストより少し深煎りしたというもので、深煎りの豆にしてはすっきりしているが、コクはある。

安い割に美味しい。

シェアする

フォローする