MacBook 下部ケースを無料修理


Appleには、「交換/リペアエクステンションプログラム」があることをご存知だろうか。

Apple製品に不具合がある場合に、無料で修理/交換してくれるサービスだ。
現在、以下の交換プログラムがある。
  • iPod nano (1st generation) 交換プログラム
  • iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラム
  • MacBook 下部ケース交換プログラム
  • Apple 超コンパクト USB 電源アダプタ交換プログラム
私のMacBookも該当しており、下部ケースが以下のようにめくれていたので、申し込んでみた。
MacBook修理前
Apple社が公表した不具合内容は以下の通り。
「一部の MacBook の下部ケースのゴム部分が特定の状況下で剥がれることが判明しました。この問題は 2009 年 10 月から 2011 年 4 月の間に出荷された MacBook に発生する可能性があります。」
修理方法は、(1)Apple Store持ち込み修理と(2)セルフリペアがあるが、大した修理じゃないので(2)セルフリペアを選択した。
Appleのホームページから申し込むと(シリアル番号が必要)、3日後程度で到着した。
MacBook修理グッズ
梱包されていた物品は以下の通り。
  • 下部ケース(本体)
  • ネジ
  • 専用ドライバ
  • 日本語説明書
ちょうどネジを紛失していたので、ネジも同封されているのは嬉しい。
MacBook修理グッズ(無料)
ネジを外し、下部ケースを取り外した姿が下記。
MacBook修理(分解)
修理後は下記。
すっかりきれいになった。
MacBook修理後
無料でとてもきれいになった。
紛失していたネジもちゃんと装填できた。
交換することにより変更となる点として
下部ケースには、serial number(シリアル番号)の刻印があったが
交換品は、刻印が無くなるので注意が必要だ。
また、他サイトのレポを見ていると
悪くなった交換品を返送しなければならく、
ヤマト運輸の人が、交換が終わるまで待機している!怖い!
とのことだが、私の場合は、返送不要であった。
下部ケースがめくれてくるのは仕方がないと思っていたが、
それも不具合として無料修理サービスを提供してくれるApple社は素晴らしいと思う。
やはり、Apple社はカスタマーを大切にしてますね。