RaspberryPiにヒートシンクを装着したら、何度温度が下がる!?

Pocket

RaspberryPi のCPUはけっこう熱くなる。
下記コマンドで、CPUの温度を確認できる。

$ cat /sys/class/thermal/thermal_zone0/temp

「51.382℃」
5月で室温が25℃くらいの場合のCPUの温度)
 
 
 
 
 
ヒートシンクをつけたというレポのページはよく見るが、
実際どれだけ温度低下があったか、言及していないページが多い。
そこで、今回、ヒートシンクによる実際の温度効果についてレポしたい。
 
 
 
 
RaspberryPi CPU
 
 
CPUは「700 MHz / ARM1176JZF-S コア (ARM11 ファミリ)」というもので
初代iPod touchに使用されたCPUだ。
ARMの後継は、iPhoneやiPad、AppleTVのCPUとしても使われている。
 
 
 
 
 
 
LANコントローラも少し熱を帯びる。
 
 
RaspberryPi NIC
 
 
LANコントローラー:SMSC LAN9512
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Raspberry Piは省電力サーバとしてとても素晴らしい。
長く使いたいので、出来る限り温度を下げたいと思う。
 
そこで、ヒートシンクを装着してみることにした。
購入したヒートシンクは、4つも入って170円。
( ここ で購入)
 
とてもお買い得だった。
 
 
 
 
RaspberryPiにヒートシンク
 
 
良い感じだ。
 
 
 
CPUの温度を測定してみると…
 
 
 
「51.382℃」→48.692℃
 
 
凡そ、2.5℃くらい下がった。
 
 
 
 
この2.5℃の温度低下により、どれだけ寿命を伸ばせるのかは定かではないが、
精神衛生上、とても良い。
 
 
 

シェアする

フォローする