iPhone5C(5S)を下駄R-SIM9GOLDでSIMロック解除

Pocket

iPhone 5C Softbankに、下駄R-SIM10を使って、OCNモバイルONEという格安SIM(MVNO)を使って運用してきた。

しかし、圏外になると、3Gでも、再アクティベーションを求められ、運用に耐え難かったので、下駄を変更してみることにした。
iPhone5D(5S)で使える下駄は、R-SIM7+、R-SIM9GOLD等々様々なものがあるが、2chやAmazonのレビューを見て、最も評価の良い、R-SIM9GOLDを試してみることにした。
R-SIM9GOLDは、Amazonで1300円くらいだった。
R-SIM9GOLD
開けてみると、このような下駄が入っていた。
R-SIM9GOLD2.jpg
R-SIM10と違い、ICチップ搭載箇所の関係上、専用のチープなSIMトレイを使う必要がある。
安定性のためなので、まぁ仕方がないとしよう。
事前に下記の設定をしておく。
(1)4GをOFFに
「設定」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオフにする」
4Goff.png
(2)iMessageをOFFに
「設定」→「Message」→「iMessageをオフにする」
iMessageOFF.png
(3)FaceTimeをOFFに
「設定」→「FaceTime」→「FaceTIMEをオフにする」
FaceTime.png
あとは、R-SIM9GOLDの下駄を履かせて、
docomoのSIMカードを載せて、iPhoneに挿すだけ。
iPhoneがリンゴマークになり、
元キャリア設定画面になるので、元キャリアである「JP SoftBank」を選択し、
「iOS7.x」を選択するだけ。
(実際はiOS8.12だったが、最新のOSという意味で、iOS7.xを選択した)
しばらく待つと、下記のようにdocomoの電波を掴み、使用可能となる。
docomo.png
たまに、「SIMカードが挿されていません」というポップアップが出ることがあるが、その場合は、一度SIMカードを出し入れすればOKだ。
3G運用だと、R-SIM10と比較して、たいへん安定している。
アクティベーション画面になることもない。
4G(LTE)をONにすると、圏外になると、アクティベーション画面になることがあり、
あまり安定した運用をすることはできない。
3G運用であれば、R-SIM10と比較し、たいへん安定して運用できるので、
新規に購入する場合は、R-SIM9GOLDをおすすめする。