ビットコインのデイトレード 3日で130%資金増達成




ビットコインでデイトレード

ビットコインのデイトレードにより、3日で130%の資金増を達成できたので、ルールをメモしておく。

5/13〜5/15の3日間で、「20万円 → 26.5万円」となった。

証拠↓

前提条件

ビットコインの取引には、bitFlyer lightning FX を利用している。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

以下の理由からだ。

・結果として、BTC(ビットコイン)の日本円との取引の過半数が bitFlyer という実績

・FX取引手数料が無料

・スワップ手数料が安い(0.04%)

・lightning FXのトレード画面のチャートに、volume(取引実績)と、MACDのテクニカルチャートの表示がある

・bitFlyerのCEO、CTO、CFOともに、ゴールドマン・サックス出身の強者

BTC(ビットコイン)と日本円の取引構成比率

まだ登録していなければ、こちら↓から登録するとよい。

bitFlyer lightning FX 

※このリンクを経由して登録すると、現在実施しているキャンペーンの最大紹介料がもらえます。

3日で130%資金増を達成する方法(デイトレードポリシー)

失敗しないための秘訣として、以下のルールを自分で定めてトレードしている。

あまり教えないほうが良いのだと思うが、ときどき自分でも欲が出てポリシーから逸脱した取引をして、失敗することがあるので、自戒の念も込めて、明記しておく。

[ビットコイン デイトレードポリシー]

  1. まず「bitcoinは価値が上昇する」という前提に立ち、上昇トレンドにおいて、Askする(仮に、一時的に暴落しても、必ず同値に返ってくることが期待でき
    結果として損しにくい)

  2. MACDとシグナルが上昇トレンドの時に、Askする

  3. レンジ相場(値動きが同じような値を行ったり来たりする相場)の際に、Askする
    (volume(取引実績値)が極端に大きくなっているときはトレードしない)

  4. 利確タイミングは、レンジ相場の上値の80%程度の値に設定する
    (レンジ相場は、だんだん値幅が減少する傾向にあるので)

  5. volume(取引実績値)が、マイナスに反転したら速やかに決済する
    (損切りする)

このポリシーを守ってトレードするだけで、順調に資金が増えていくものと思う。

※自分と同じようなトレードをする人が増えることで、レンジ相場の値幅がとれて、さらに自身の利益につながると思い、公開することとした。

当該ポリシーについて、「儲かった」「こうすればもっと良い」「損した」等のご指摘をいただけると幸いだ。

本パリシーを、スクリプトとして実装して、自動売買をやってみる予定をしている。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする