SMS対応のSIMカードで、iPhoneアンテナピクト問題解決(OCNモバイルONE)



先日、Softbankから購入したiPhone4を、
GeveyUltraという下駄を利用してSIMロック解除し、
NTT docomoの回線をつかめたことをレポしました↓

Gevey Ultra(通称:下駄)を利用して、iPhone4(S)をSIMロック解除し、NTT docomoの回線(ocn モバイル エントリー d lte 980)を利用することができたのでレポ

しかし、OCNモバイルONEのようなMVNOのSIMカードを挿すと、
アンテナピクトが正しく表示されない問題がありました。

今回、OCNのSMS対応モバイルONEのSIMカードにより、
アンテナピクト問題が解決したことを報告します。

下記写真のように、ちゃんと電波状況をアンテナ表示で確認できるようになりました。

OCNモバイルONE SMS アンテナピクト

なお、もちろん、iPhoneにSIMカードを挿しただけで、SMSの送受信もできるようになりました。

SMS対応のOCNモバイルONEは、月額料金が126円プラスされるだけででSMS対応となる。
2014年1月31日までなら、SIMカード発行手数料(1890円)を無料にするキャンペーンもある。

新規に購入する場合は、SMS対応のSIMを申し込んだほうが良いと思う。
ただ、OCNサイトで申し込もうが、Amazonから購入しようが、発行手数料は発生してしまう。

SMS対応SIMに変更して良かった。
この記事も読まれています

Raspberry Pi の HiFi DAC まとめ Raspberry Pi は、I2S (Inter-IC Sound)というインタ...
MINIBOSS I2S DAC Raspberry Pi の I2S インターフェースを使うことで、クロックジッタを低減...
Raspberry Pi を広告除去プロクシサーバに 広告が何かとウザいので、Raspberry Pi に広告除去...
hueが欲しいけど高い HomeKit に対応したスマート電球 hue が欲しいんだけど、電球のくせに1つ5,000円くらいのお値段がする...
Siri + IRKit + Homebridgeで家の家電を操作 最近は、Amazon Echo、Google Home、LINE Cl...
Raspberry Piで監視カメラ 超小型・超格安サーバの Raspberry Pi にUSBカメラを付けて、動きを検知する監視カメラを...
SoftEther VPN VPNというと、昔はPPTPがメジャーだったが、セキュリティ脆弱性等の理由から、最近はiPhoneのOS機能か...
Raspberry PiのGPIOに、気圧センサBMP085を接続することで、温度・湿度を取得し、muninによりグラフ表示できたのでメモ
RaspberryPiの電源回路にコンデンサを追加し電源強化することで、USB機器接続時のフリーズ改善
RaspberryPiにヒートシンクを装着してみた。実際にどれだけCPU温度が下がったのかをレポします
RaspberryPiをBluetoothオーディオレシーバ化して、iPhoneやPCからワイヤレス音楽再生を。
はじめに タイムドメイン(TIMEDOMAIN)社の由井さんの講義を聞く機会を得たので行ってきた。 周波数領域でフラットになるように...
ASIOとは ASIOとは「Audio Stream Input Output」の略で「アジオ」と読む。 オーディオドライバの規格の一種...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] SMS対応のSIMカードを挿すことで、アンテナピクト問題が解決しました。 https://blog.bnikka.com/iphone/smssimiphoneocnone.html この投稿のカテゴリーは iPhone 、タグは […]