台風が来ると気圧が下がる!?実際に測定してみた



台風が来ると気圧が下がるのか!?

台風の強さを表す時に、台風の気圧hPa(ヘクトパスカル)で表現することが多い。

過去に日本に上陸した過去最高の気圧は、925hPaだったらしい。1961年の台風だ。

台風19号

台風の気圧による強さ目安

1013hPa: 普通の気圧(1気圧)
950hPa:  台風
940hPa: 強い台風
935hPa:かなり強い台風
915hPa:猛烈すぎて危険
895hPa:街が飛ぶ(日本で発生したことはない)

ちなみに、2019年10月12に日本を襲った台風19号の中心の気圧は一時915hPaにも達したらしい。過去最大だ。
多摩川が氾濫した台風だ。

さて、せっかく台風が来るということで、どれほど気圧が下がるのか計測してみた

Eve DegreeというApple社のHome Kitに対応した温度・湿度・気圧計を持っている。

Eve degree ※温度&湿度 モニター / Apple HomeKit 対応 【日本正規代理店品】
  • Elgato
  • 価格   ¥ 7,663 ¥ 8,963 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp

なんと、ただの温度・湿度・気圧計のくせに、8000円くらいの価格だ。

ただ、Apple の Home Kit に対応しているので、「Hey Siri 部屋の温度は?」と聞けたり、室温が28度を越えたのでエアコンの電源をONにする、といったことができて便利だ。

詳しくは、こちらのエントリを参照ください。

Siri + IRKit + Homebridgeで家の家電を操作 最近は、Amazon Echo、Google Home、LINE Cl...

いざ、台風の気圧を測定

Eve Degree には、iPhoneのアプリから、温度・湿度・気圧の過去ログをグラフ化して表示する機能がある。

先ほど述べた、2019年10月12日に日本を襲った台風19号(気圧915hPa)において、東京都自宅で気圧を計測してみた。

台風が近づいてきた際の気圧測定結果はこちら↓

台風が来たときの気圧

1009hPaから、急激にグイーーーンと気圧が下がっている様子が見て取れる。

本当に台風が来ると気圧が猛烈に下がるようだ。

台風が来ると、以下のような症状が顕在化することがあるらしいが、これらは異常に低い気圧のせいらしい。

・身体の節々が痛む(これは何故気圧が下がると発生するのか分からない)
・偏頭痛がする(気圧が下がり、血管が膨張する)
・壁に取り付けていた吸盤が落ちる(気圧が下がって、吸盤の吸い付きが弱くなった)
・ポテトチップスの袋が膨らむ(これは気圧が下がるアルアル)
・海などの水面が上昇する(これは、雨で水量が増えただけでなく、気圧が下がって水面が盛り上がるらしい)

台風が来て、用水路を見に行ってさらわれたというニュースをよく目にするが、ぜひ家の中で、気圧を観察するなど、家の中でできるスリリングな暇つぶしをして欲しい!

こちらからは以上です。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする