Apple Watch Series2 (Series1)のバンドを交換してみた | ゴールドアルミニウムケース




Apple Watch を購入してから、毎日歩くのが楽しくなった訳だが、すこしおしゃれに決め込もうと思い、バンドを交換してみることにした。

ちなみに、私が購入したのは、このゴールドアルミニウムケースの38mmだ。

Apple Watch Series 1 - 38mmゴールドアルミニウムケースとコンクリートスポーツバンド - MNNJ2J/A

Apple Watch Series 1 – 38mmゴールドアルミニウムケースとコンクリートスポーツバンド – MNNJ2J/A

ポイントは、このケースが「ゴールド」のところだ。

高級感があって、かっこいい。Apple Watchは高いということもあったが、時計としてのオシャレ感が微妙なので、ずっと購入を見送っていたのだが、この「ゴールド」に一目惚れして購入に至った。

さて、バンドを交換する話に話を戻そう。

バンドを交換しようと思い、まずは、Amazonを覗いてみると、1千円〜2千円くらいで豊富な品揃えがある。

ただ、どれも中国製っぽく、品質は悪そうな感じだ。

ただ、色味やケースとの相性など、まずはお試し感覚で、お安いバンドを購入してみることにした。

まずは、こちら。

本革のバンドだ。

Apple Watch交換ベルト ミッドナイトブルーの本革

Apple Watch交換ベルト ミッドナイトブルーの本革

[amazonjs asin=”B01ICK3QL4″ locale=”JP” title=”JIAZY 高級本革(牛革)バンド Apple Watch 交換 ベルト 簡単交換 交換用ラグ付き (38mm, ブルー)”]

2,000円程度で購入できた。

ブルーを購入したのだが、届いた品は限りなくブラックに近く、「あ、発送ミスでは!?」と思い、返品の連絡をしたくらい、ほぼブラックだ。

本当に牛革なのかは疑わしいが、少しHERMESを彷彿とさせるような組み合わせになる。

いま、たいへんにお気に入りだ。

次はメッシュバンドだ。

いかにもApple Watchというバンドだ。

Apple Watch メッシュバンド

Apple Watch メッシュバンド

[amazonjs asin=”B019KBI7YA” locale=”JP” title=”アップルウォッチ バンド Apple watchベルト マグネット 式 ミラネーゼループ BRG ステンレス 留め金製 メッシュ ベルト ( 38mm , シルバー )”]

なかなか使いやすいし、腕にフィットする。

ただ、マグネットが強く、金属製の机だと、腕が金縛りに遭ったように、机に張り付くことになる。
(会社のデスクが金属製で、なかなかキーボードが打ちづらい)

また、セーターを着ると、ケバケバがバンドと絡み合うという事象も発生した。

このようなことから、このバンドは今はお蔵入りしている。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする