エスプレッソのきれいなクレマを作る | デロンギ フィルター交換




クレマエンハンサーについて

デロンギ(DeLonghi)等のエスプレッソマシンには、クレマエンハンサーと呼ばれるクレマを多く抽出するためのフィルターが入っているものが多い。

こういうやつだ↓

フィルターを分解すると、このような構造になっている。

これで、ぶくぶくとクレマ(泡)が発生するというものだ。

例:クレマエンハンサーを介して抽出したエスプレッソ(画像借用)

初心者はこれで簡単にクレマが生成できて嬉しいのだが、少しエスプレッソ抽出に慣れてくると、クレマエンハンサーを介して抽出されるクレマは質が悪いことが目についてくる。

そこで、クレマエンハンサーの付いていないフィルターに交換することで、この問題を解決しようと思う。

解決策:フィルターの交換

クレマエンハンサーが付いていないフィルターが、デロンギ オンラインショップで売られている。

一つ 750円 くらいと安価だ。

私は、この↓デロンギのエスプレッソマシンを使っているが、デロンギのフィルターであれば、この機種用のフィルターでなくても、互換性があるものがある。


左:DeLonghi KG364J コーヒーグラインダー
右:DeLonghi kMIX ES020J-WH エスプレッソ・カプチーノメーカー

例えば、BAR14N 用のフィルターがそのまま使える。

デロンギ オンラインショップ

コーヒーパウダー用 フィルター(1杯用)
[パーツコード:6032109800]

対応機種
BAR14N / BAR20N-B / EC200N-R / EC200N-W / EC200N-B / EC200N-Y / EC221B / EC221R / EC221W / EC221Y / BCO261N-B / BCO261N-W / ECM300J-E / BCO410J-B /BCO410J-W / EC152J / ECO310B / ECO310R / ECO310W / ECO310BK

さっそく購入した↓。

クレマエンハンサーが付いていない。

ポーターフィルターに、ピッタリはまる↓。

フィルター(without クレマエンハンサー)でエスプレッソを淹れてみる

新しいフィルターに豆を挽いて落とし、タンピング。

抽出する。

果たして、クレマエンハンサーの付いていないフィルターで、きれいなクレマが生成されるだろうか。

結果は、きめ細やかなきれいなクレマができた。

クレマエンハンサーが付いたフィルターで抽出したエスプレッソに比べ、以下のような変化が起こった。

・クレマがきめ細やか

・クレマが時間が経ってもなかなか消えない

・エスプレッソの味わいに関して、カラメルのような香ばしさが増した

結論:不要なクレマエンハンサーは付いていない方が良い

食楽工房 2重構造マグ 250cc CNE-905
  • アサヒ
  • 価格   ¥ 2,825 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする