ピストバイクのサドルを交換して軽量化



ピストバイクのサドル

これまで、完成品のサドルを使ってきた。

ベロア生地で、クッション性(振動吸収性)も高く、なかなか気に入っていた。

ただ、

シートポストのカーボン化 → ホイールの軽量化 → ステムの交換

とカスタムを続けてくると、どうしても交換したくなる病気にかかってしまったようで、ついにサドルも交換することにした。

私の自転車はピストバイクだが、ロードバイクであっても、クロスバイクであっても、六角レンチさえあれば簡単に交換できるカスタムだ。

交換前のサドルは CHIFA のもので、「299g」となかなか軽量だ。

サドルを交換

交換するサドルはこちらだ。

このように肉抜きされており、なんと重量は「183g」だ。

Amazonで2,000円程度で購入することができた。

レビューの評判も良い。

サドル交換レビュー

「299g」→「183g」への【116g】の軽量化に成功した。

見た目は、なかなかかっこ良い。

交換の効果は、以下のとおりだ。

軽量化(116g)の効果は、あまり体感できない

通気性が良くなった(編み編みなので)

クッション性(振動吸収性)は低下

雨の日にお尻が濡れなくなった(交換前は、吸水性の生地だったため)

雨の日にお尻が濡れなくなったのは嬉しい。

さっと手で払うだけで、水気を切ることができる。

フルカーボンのサドルに交換

フルカーボンの98gの超軽量サドルも2,000円程度で購入することができ、結局「フルカーボン」という誘惑に負けて、買ってしまった。
自転車の改造にハマった人なら、分かっていただけることだろう。フルカーボンは買わずにはいられないのだ。

販売しているサイトには、98gと書いているが、実際測ってみると、89gしかなかった。軽いに越したことはないので、素晴らしい。安い割に、品質は高い。

見た目はとんでもなくカッコイイのだが、とんでもなく尻が痛い。これは人間用か?

Amazonのレビューには、「セッティングを頑張れば尻の痛さはなんとかなる」と書いているが、どれだけセッティングを頑張っても、10分も走れば尻が割れそうに痛くなる。

きっとレビューワーは強靭な尻を持っているか、尻の感覚が鈍いかのどちらかだろう。

あまりの痛さにタオルをパンツの中に入れて座ったくらいだ。

サドル買い替え Part.3

フルカーボンは、どうしてもケツが痛かったので、結局クッションが付いているものに買い換えることにした。

その名も、「ふっくら柔らかいサドル」。素晴らしいネーニングだ。

低反発素材を使っているらしく、乗り心地は最高だ。

自転車はさもあるべきという感じ。フルカーボンと比較したら、コンクリートとソファくらいの違いがある。

サドル交換

もう1点気に入っているのが、「尿道への圧迫感を和らげます」というところだ。
中心に割れ目が入っており、タマタマがフリーダムになる。

自転車はキンタマに悪いらしいが、このサドルだとオタマジャクシにも優しい。素晴らしい。

ちなみに、重量は330gだ。

「初代:299g → 二代目:163g → 三代目:89g → 四代目:330g」となり、これまでで最重だが、乗り心地は最高だ。

フルカーボンとの重さの差分は、+241gだ。交換して思ったが、241gの差分は体感されない。

結論

サドルは、「軽さ」ではなく、「乗り心地」重視にするべき

(自転車に乗りたいなぁと思うためにも、快適なサドルを購入することをオススメする)

この記事も読まれています

ピストのステムを交換したい 現在使っているステムは、90mmアルミ製のステムだ。 特に不便がある訳では無いのだが、「シートポ...
ピストバイクのホイールを交換 今回の企画は、ピストバイクのホイールを交換してみようという企画だ。 ピストバイクに限らず、ロードバイク...
シートポストをカーボンに変更 ピストのシートポストをカーボンに変更したのでレポートしようと思う。 変更前のシートポストは、既製品に付...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする