デイライトをDIYで取り付けた話(LEDテープ)



デイライトを付けた話

LEDの普及に伴い、デイライトを日中帯に灯火することで、視認性を向上させ、安全性を向上し、かつ、ファッション性を高めた車が増えて来ている。

私の車はけっこう古いので、デイライトは付いていない。後付でDIYで取り付けることができたので、レポする。

デイライト装着後の夜間状態

材料:LEDテープ+配線

必要なものは、LEDテープ配線類だ。

LEDテープは高いだろうと思っていたが、なんと2千円を出せばお釣りが来るくらい安い。

エーモン サイドビューテープLED 青・30cm 2710

エーモン サイドビューテープLED 青・30cm 2710

1,673円(04/02 16:03時点)
Amazonの情報を掲載しています

安心の品質のエーモンの30cm 白色のLEDテープを購入した。

12V 120mAなので、左右合わせてもわずか3W未満の消費電力だ。

加えて、配線のための、ヒューズボックスからの電源取り出しGNDに接続するための端子エレクトロタップ配線ケーブルを購入。

エーモン クワ型端子セット 穴径4φ 6セット M273

エーモン クワ型端子セット 穴径4φ 6セット M273

120円(04/02 16:22時点)
Amazonの情報を掲載しています
エーモン ダブルコード  2.00sq 6m 赤/黒 1184

エーモン ダブルコード 2.00sq 6m 赤/黒 1184

679円(04/02 16:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

ヒューズボックスから電源取り出し

エンジンルームに、ACC電源やIG電源が来ている場合は、配線がとても楽ちんだ。

ACC電源やIG電源が来ていない場合は、エンジン連動ON/OFFユニットを購入する必要がある。

エーモン エンジン連動ON-OFFユニット 2850

エーモン エンジン連動ON-OFFユニット 2850

1,525円(04/02 15:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

私の車(ハリアー30系 350G Lパッケージ)は、IG電源がエンジンルームのヒューズボックスに来ていたので、ここから電源を取ることに。

取扱説明書を見ると、ヒューズボックスの配線図が載っていた。

ヒューズボックス配線図

ヒューズボックス配線図

テスターで調べたところ、「16. EFI NO.2 10A」がIG電源だった。

ヒューズボックスの蓋に付いているクリップで、ヒューズを外す↓

ヒューズボックスからIG電源

ヒューズボックスから電源を取り出す配線ケーブルを、接続↓
(ケーブルが付いている方を、+になるように向きに注意。下の写真だと、向かって左側が+端子だ)

ヒューズボックスからIG電源の取り出し

配線

結束バンドで、ケーブル類をライトなどのケーブルに括り付ける。
(防水ができるように、何かしらで覆うことをオススメします)

とりあえず仮どめ↓

デイライトの配線

GNDは、こんなふうに金属のネジから取る↓

GNDの接続

ちなみに、右のヘッドライトから、左のヘッドライトまで、エーモンのLEDテープに付属するケーブルだと長さが足りないので、事前にケーブルの長さを延長しておくことをオススメする。

デイライトの配線

LEDテープの貼り付け

LEDテープを貼る前に、テープを貼るヘッドライトとバンパーの隙間を、シリコンオフ等で脱脂しておく。

シリコンオフでお掃除

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170 [HTRC2.1]

698円(04/02 16:22時点)
Amazonの情報を掲載しています

いよいよ、LEDテープを取り付ける

ヘッドライトとバンパーの隙間は、5mm程度空いていると思うので、この隙間に両面テープで貼り付けていく
(本当は、バンパーを外した方がキレイにLEDテープを貼り付けることができるが、今回は手抜きで、バンパーは外さずに作業した)

デイライトの取り付け

ケーブルは、隙間からエンジンルームに渡すだけ。とても簡単。

この写真だと、暗く見えるが、昼間でもちゃんと視認することができる十分な明るさだ。

デイライトの雰囲気

(ちょうどLEDテープを取り付けた日に、旅行で越後湯沢に来たので、その時に撮った写真↑)

青く光っているように見えるが、実際は純白で、この写真よりもだいぶ明るいです。

ちなみに、デイライトにするには、けっこう厳しい保安基準がある
(ライトと連動して明度を変更できること等)

何も考えずに車検に通すためには、「その他灯火類」の基準を満たすように、300カンデラ以下フロントは赤色以外、ということを守ればOKだl

ちなみに、エーモンのLEDテープは300カンデラ以下であることが謳われているので、安心だ。

夜間にIG電源までONにすると、こんな感じに点灯する。

(写真だと、少し青っぽく見えるが、実際は純白です)

デイライト装着後の夜間状態

きれいなヘッドライトのアイラインを作ることができた。

厳密に言うと、デイライトではないが、最近流行りのデイライトに限りなく近いものを作ることができた。

大満足だ。

この記事も読まれています

ヘッドライトの黄ばみ除去 ヘッドライトは、10年もすると太陽の紫外線の影響で黄ばんでくる。 ヤスリがけをすれば、黄ばみを除去できる。...
ヘッドライトの光量落ち 車検に出したら、「ヘッドライトの光量がギリギリです」「ロービーム暗いでしょう?」と言われてしまった。確かに暗かった...
ドライブレコーダーの電源について 今流行のドライブレコーダーだが、配線引き回しが面倒なんだよね。。 なんとかならんのか?特にリアのド...
デッドニングとは? カーオーディオの基本事項に、デッドニングがある。 デッドニングとはなにか? 日本では「デッドニング」とだけ...
車内を静音化したい 車内は静かであることに超したことはない。 「静かな車内で、良い音楽に感動する」「オーディオの良い音に酔いしれる」...
ウィンカーをLED化する 私はけっこう待ちぼうけを食らうことが多い。 エコ(低燃費)のためにも、エンジンを切ってハザードをチカチカと...
サイドマーカーのLED化 ウィンカーやハザードを点けると、サイドマーカーがアンバー色に光る。 ハザードって、路駐して人を待ってるとき...
テールランプのLED化 テールランプ(リアスモールランプ)は、夜間に常に灯火することになる。 私の車(ハリアー350G Lパッケージ...
バックランプをLED化する バックをする際に、「暗いなぁ」と思うことがよくある。 車内から後ろを見ても、バックモニタを見ても、暗くて...
ハイビームをLED化 ハイビームは、LED化するメリットが大きいパーツだ。 ・LEDは瞬時に100%の明かりになるため、パッシン...
ルームランプLED化の効果 ルームランプがハロゲン灯の場合、触ってみると分かるが、とても熱くなる。 それだけ、電力を消費して...
フォグランプをLED化 フォグランプのLED化はお手軽にできて、車のイメージもピシっと変わるカスタムなので、けっこうチャレンジする人が多い...
エンジンオイルを自分で交換 自分でエンジンオイルを交換できることをご存知だろうか。 慣れれば、30分くらいで簡単にできる。自分でエン...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする