Raspberry Pi で広告削除 | privoxy




Raspberry Pi を広告除去プロクシサーバに

広告が何かとウザいので、Raspberry Pi に広告除去プロクシサーバを立てることで解決したいと思う。

既に、DD-WRTを導入した無線アクセスポイントで Privoxy を導入しているのだが、広告のフィルタリングルール等を、もう少し詳細に変更したいという気持ちが出てきて、Raspberry Pi で実現することにした。

まずは、apt-get で Privoxy をインストールする。

スマホからの proxyアクセスを許可する設定を入れる。

スマホ側設定(iPhoneの場合)

「設定」→「Wi-Fi」→「自宅のWi-FiのSSIDの i ボタンを押す」→「Proxy を設定」

Server:Raspberry Pi のIPアドレス

Port:8118

以上で完了だ。

自宅にいるときは、Raspberry Pi の広告除去 Proxy を経由して通信するようになり、快適なウェブブラウジングが実現する。

外出時も、Raspberry Pi の広告除去 Proxy を利用したいときは、自宅に VPN で接続し、VPN の Proxy 設定に上記を入れておくと良い。

(参考)ついでに、キャッシュ Proxy も設定する

ついでに、キャッシュを蓄えることで、ウェブブラウジングを高速化したいと思う。

Proxy サーバとして超有名な squid の標準機能を利用して、キャッシュ化する。

必要最低限の設定を入れる。

Privoxy → Squid に変更。

これで、キャッシュを使うようになり、高速ウェブブラウジングが実現する。

(参考)更についでに、DNSキャッシュも設定する

更についでに、DNSキャッシュを蓄えて、DNS解決の高速化を行う。

Google DNSサービスに見に行くように変更。

プライベートDNSに、Raspberry Piに導入したdnsmasqを見に行く設定を入れることで、DNS解決が高速化する。

結果は…?

正直、ウェブブラウジングがめちゃめちゃ爆速になった。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする