RaspberryPiにコンデンサ追加で電源強化



Raspberry Piがよくフリーズする(たぶん熱が原因)

RaspberryPiのサムネール画像

RaspberryPiにUSB HDDを接続すると、よくフリーズしてしまう。
熱が原因だろうかと、RaspberryPiやUSB HDDにUSB扇風機で風邪を当てて冷やしても、改善しなかった。

ネットサーフィンをしていると、USB電源が不安定なために、USB NICの動作が不調になるとの記事をみつけた。

Raspberry PiでセルフパワーUSBハブなしでWiFi接続を安定にする2つの方法

RaspberryPiはUSB給電だが、電源回路が弱いとのことなので、回路図で確認してみることに。

RaspberryPi電源回路図

デカップリングコンデンサの容量は220uFとそんなに小さくないように思うのだが、確かにこの回路でRaspberryPi本体と外部機器の電力をまかなうことを考えると、少し心もとない。

Raspberry Piのデカップリングコンデンサの容量追加で安定化!

220uFの電解コンデンサを追加して、デカップリングコンデンサの容量を倍の440uFにしてみることにした。

RaspberryPi電源強化

このように、USB B端子そばの表面実装コンデンサ(回路図のC6)に並列に、220uFの電解コンデンサをハンダ付けした。

使用したコンデンサは、オーディオグレードの高級品「ニチコンmuse FG 220uF 25V」だ。
これで、オーディオグレードなので、高周波のノイズも逃してくれることだろう。
高級と言っても、秋月電子で40円だった。

改造後の結果はと言うと、なんと見事に改善した。
USB HDDを接続しても、フリーズしなくなった

わずか40円でできる改造、これはおすすめだ。

この記事も読まれています

Raspberry Pi の HiFi DAC まとめ Raspberry Pi は、I2S (Inter-IC Sound)というインタ...
MINIBOSS I2S DAC Raspberry Pi の I2S インターフェースを使うことで、クロックジッタを低減...
Raspberry Pi を広告除去プロクシサーバに 広告が何かとウザいので、Raspberry Pi に広告除去...
hueが欲しいけど高い HomeKit に対応したスマート電球 hue が欲しいんだけど、電球のくせに1つ5,000円くらいのお値段がする...
Siri + IRKit + Homebridgeで家の家電を操作 最近は、Amazon Echo、Google Home、LINE Cl...
Raspberry Piで監視カメラ 超小型・超格安サーバの Raspberry Pi にUSBカメラを付けて、動きを検知する監視カメラを...
SoftEther VPN VPNというと、昔はPPTPがメジャーだったが、セキュリティ脆弱性等の理由から、最近はiPhoneのOS機能か...
Raspberry PiのGPIOに、気圧センサBMP085を接続することで、温度・湿度を取得し、muninによりグラフ表示できたのでメモ
RaspberryPiの電源回路にコンデンサを追加し電源強化することで、USB機器接続時のフリーズ改善
RaspberryPiにヒートシンクを装着してみた。実際にどれだけCPU温度が下がったのかをレポします
RaspberryPiをBluetoothオーディオレシーバ化して、iPhoneやPCからワイヤレス音楽再生を。
はじめに タイムドメイン(TIMEDOMAIN)社の由井さんの講義を聞く機会を得たので行ってきた。 周波数領域でフラットになるように...
ASIOとは ASIOとは「Audio Stream Input Output」の略で「アジオ」と読む。 オーディオドライバの規格の一種...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 動作が不安定になってしまうため対策が必要という記事を見つけました。 RaspberryPiにコンデンサ追加で電源強化 電解コンデンサを追加することで安定動作するようになるということなの […]

    • kei より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおり、USB電源供給が少し非力なので、電圧変動があった場合にも、変動を抑制するために、少し容量の大きいコンデンサを入れておくと、安定するというものです。