RaspberryPiにコンデンサ追加で電源強化


RaspberryPiのサムネール画像

RaspberryPiにUSB HDDを接続すると、よくフリーズしてしまう。

熱が原因だろうかと、RaspberryPiやUSB HDDにUSB扇風機で風邪を当てて冷やしても、改善しなかった。
ネットサーフィンをしていると、USB電源が不安定なために、USB NICの動作が不調になるとの記事をみつけた。
RaspberryPiはUSB給電だが、電源回路が弱いとのことなので、回路図で確認してみることに。
RaspberryPi電源回路図
デカップリングコンデンサの容量は220uFとそんなに小さくないように思うのだが、確かにこの回路でRaspberryPi本体と外部機器の電力をまかなうことを考えると、少し心もとない。
そこで、220uFの電解コンデンサを追加して、デカップリングコンデンサの容量を倍の440uFにしてみることにした。
RaspberryPi電源強化
このように、USB B端子そばの表面実装コンデンサ(回路図のC6)に並列に、220uFの電解コンデンサをハンダ付けした。
使用したコンデンサは、オーディオグレードの高級品「ニチコンmuse FG 220uF 25V」だ。
これで、オーディオグレードなので、高周波のノイズも逃してくれることだろう。
高級と言っても、秋月電子で40円だった。
改造後の結果はと言うと、なんと見事に改善した。
USB HDDを接続しても、フリーズしなくなった。
わずか40円でできる改造、これはおすすめだ。

コメント

  1. […] 動作が不安定になってしまうため対策が必要という記事を見つけました。 RaspberryPiにコンデンサ追加で電源強化 電解コンデンサを追加することで安定動作するようになるということなの […]

    • kei より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃるとおり、USB電源供給が少し非力なので、電圧変動があった場合にも、変動を抑制するために、少し容量の大きいコンデンサを入れておくと、安定するというものです。