バックランプをLED化して、バックモニタを明るく!



バックランプをLED化する

バックをする際に、「暗いなぁ」と思うことがよくある。

車内から後ろを見ても、バックモニタを見ても、暗くてよく見えない時がある。

これは、安全だとは言い難い。

そこで、バックランプを明るいLED球に換装することにした。

購入したLED球(T16)

私の車は、ハリアー 350G Lパッケージなので、30系だ。

ハリアー30系の場合、バックランプはT16という規格だ(T10と同じ)。

Amazonで1000円くらいで購入した。

別にキャンセラーは内蔵してなくても問題ないのだが、買ったものがたまたまキャンセラー付きだった。
(キャンセラーとは、抵抗が入っており、球切れ警告が出ないようにする対応版だ。LEDは消費電力が小さすぎるので、球切れか!?と車が勘違いしてしまうのだ)

1300Lm、8W、6000kのホワイトだ。

4014チップSMDを45個も使ったものなので、それはそれは明るいだろう。

取替手順(ハリアー30系の場合)

まずは、バックドアの内張りを剥がす。

バックドアのガラスに近い側の内張りを、ゆっくりと外していく。

ツメでくっついているだけなので、特に工具は不要だ。素手でいける。

内張りを外したバックドア(右半分)↓

内張りを外したバックドア(左半分)↓

バルブは2つ見えるが、内側のバルブが、お目当てのバックライトだ。

少し固い場合があるので、ペンチを持っていると安心だ。

ハロゲンバルブを取り外したところ↓

なお、T16の規格はどうやってはまるのだ!?とかなり悩んだが、このネズミ色のソケットと、ガラスのバルブを引き離せば、T16のソケットが現れる。(捻ったりする必要はなく、ただ引っこ抜くだけ)

新しいLEDバルブを、「カチッ」と音がするまで差し込めばOK.

極性が無いLEDなので、点灯しないことは無いが、一応内張りを元に戻す前に、ギアを「R」に入れて、点灯するか確認した方が良い。

こんな感じで点灯を確認↓
(この時点で既にだいぶ明るい)

LEDバルブ装着後

よ〜く見ないと分からないと思うが、バルブがLEDになっていることが見て取れる↓

いざ、バックしながらバックライトで確認してみると、「とんでもなく明るい!!」。

ちょっとこの写真だとすぐに壁があるので分かりづらいが(もっとマトモな写真載せろよって感じですが笑)、かなり視野が広くなり、明るくなりました!

ルーム内から、振り返って肉眼で後ろを見ても明るい

わずか1000円でできるカスタム。安全性も向上するし、特に工具も要らないので、オススメだ。

この記事も読まれています

ドライブレコーダーの電源について 今流行のドライブレコーダーだが、配線引き回しが面倒なんだよね。。 なんとかならんのか?特にリアのド...
デッドニングとは? カーオーディオの基本事項に、デッドニングがある。 デッドニングとはなにか? 日本では「デッドニング」とだけ...
ウィンカーをLED化する 私はけっこう待ちぼうけを食らうことが多い。 エコ(低燃費)のためにも、エンジンを切ってハザードをチカチカと...
サイドマーカーのLED化 ウィンカーやハザードを点けると、サイドマーカーがアンバー色に光る。 ハザードって、路駐して人を待ってるとき...
テールランプのLED化 テールランプ(リアスモールランプ)は、夜間に常に灯火することになる。 私の車(ハリアー350G Lパッケージ...
ハイビームをLED化 ハイビームは、LED化するメリットが大きいパーツだ。 ・LEDは瞬時に100%の明かりになるため、パッシン...
ルームランプLED化の効果 ルームランプがハロゲン灯の場合、触ってみると分かるが、とても熱くなる。 それだけ、電力を消費して...
フォグランプをLED化 フォグランプのLED化はお手軽にできて、車のイメージもピシっと変わるカスタムなので、けっこうチャレンジする人が多い...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする