自動車保険のロードサービスを利用した話



自動車保険のロードサービス

車の任意保険にはロードサービスが無料で付帯していることがあのをご存知だろうか。知っている/知らないでいざという時に雲泥の差なので、確認しておくと良い。

私は、チューリッヒの自動車保険 に加入している。

ネット保険で掛け金がたいそう安いのでチューリッヒにしたのだが、後から分かった話なのだけれど、チューリッヒ自動車保険には、最安コースでもロードサービスが付帯していた

今回、車が故障し、このロードサービスを利用したのでレポする。

車が故障した

私の車は、ハリアー350G Lパッケージという古い車だ。古い車と言っても、ちゃんと整備しているので、快調に走っていた。

しかし、ある時、釣りの帰りに福井県から東京まで東名高速道路を走っていると、突然バッテリーランプ(充電警告灯)が点灯した。

バッテリーランプが点灯したまま走り続けると、正しくバッテリーに充電ができず、車の電気系統が電圧降下に伴って停止して、最悪の場合は高速道路の真ん中でエンストするという恐怖のランプである。

仕方がないので、警告灯が点灯したまま走行し、PAをめざすことにした。

PAに到着するまでは、「頼む〜電圧よ持ってくれ〜」と恐怖との戦いだ。

電圧は、12.1V→11.9V→…→10.9Vとみるみる降下していく。

バッテリ残量が10.6Vくらいに落ちたところで、ようやくPA(パーキングエリア)に着くことができた。無事停車できた。

さて、電圧は下がり続けるばかりだったので、レッカーを呼ぶより他ない

レッカーを呼ぶ

レッカーと言えば、JAF のイメージがある。

ということで、まずは、JAF のWebページを検索して見ていたら、「あ、そういえば、万が一だけど自動車保険のロードサービスの方が安いかもしれない」とひらめいて、加入している自動車保険を見てみることに。

チューリッヒの自動車保険のWebページを見ると、なんと格安プランなのに、ロードサービスが付帯しているではないか。

ロードサービス内容はこんな感じだ。

チューリッヒ自動車保険のロードサービス
(1)レッカー距離100kmまで無料

(2)修理後の搬送費用を全額サポート(修理後、車を家まで届けてくれる)

(3)レンタカー24時間無料

(4)帰宅費用サポート

(5)宿泊費用サポート

(6)ペット関連の費用もサポート

(7)旅行などのキャンセル料も50000円までサポート

今回は、(1)レッカー距離100kmまで無料、(2)修理後の搬送費用全額サポート、(3)帰宅費用サポートを利用することに

ちなみに、故障が発生したのは、深夜2時の出来事だ。(しかも、台風が来ている大雨の日)

24時間故障時の電話受付をしているとのことで、チューリッヒに電話してみた。

が、自動ガイダンスが流れて、「混み合っております」ということでなかなか繋がらなかった。

「スマートフォンでの受付もしております、こちらもご利用ください」というガイダンスが流れたので、これを利用してみることに。

SMS(ショートメッセージ)でメールが届き、受付用のURLが書かれていた。

スマホ用の受付Webページから、車種、故障種類、現在地などを送信して待つこと10分くらい、オペレータから電話がかかってきた

費用のことや、提携しているレッカー業者が混み合っておりレッカーの時間が見え次第連絡するなど、かなり丁寧に対応してくれた。

「修理するための整備工場などは決まっていますか?」との質問に、「全く決まっていません」との回答。

「最寄りのディーラーをご案内しましょうか?」とのご提案に、「少し調べてからご連絡します」との回答。

だって、ディーラーでオルタネーターを交換すると高そうだから。。

ということで、自宅は東京だが、故障場所が神奈川ということで、神奈川の整備工場を調べることに。しかしながら、軒並み月曜祝日は休みということで、連絡はつきそうになかった。

仕方がないので、トヨタのディーラーで、リビルド品(リンク品)にてオルタネーターの交換をしてもらおうと、自宅付近のディーラーを調べるもこの日は、月曜日で、トヨタ自動車のディーラーはほとんどが定休日で連絡が付かない。。

仕方がないので、月曜日でも営業しているディーラーを知らないか、チューリッヒのオペレータに聞いてみることに。
(このときすでに朝4:30)

「月曜日はトヨタのディーラーは定休日のようで、連絡がつきそうにありません。月曜日でも営業しているディーラーか整備工場をご存知ないですか?」という質問に対し、「すみませんが存じ上げません」という回答。

そこで、オペレータのお姉さんから「48時間以内であれば、修理工場が見つかるまで、無料でお車を保管しておくことができますが、ご利用なさいますか?」というご提案。

なんと素晴らしいサービスなんだ。

ということで、一旦保管してもらうことにした。

そして、無事にレッカー業者が見つかり、レッカーされるハリアー君↓

レッカーで運ばれる愛車

「レッカー場所→保管場所→修理工場」の全行程が100km以内であれば、無料とのこと。

ちなみに、結局トヨタのディーラーに運び、診断の結果、オルタネーターの故障だった。
オルタネーター交換の模様はこちらのエントリーをどうぞ↓

バッテリーランプ(充電警告灯)点灯という悲劇 バッテリーランプ(充電警告灯)は、バッテリーの電圧が低下した時に点灯する警告灯だ。 普...

自動車保険に付帯のロードサービスは使える

結局、「故障後停車したPA→保管場所→トヨタのディーラー」のレッカー費用PAから自宅までの交通費(合理的なルートとのことで、電車で帰った)、修理後ディーラーから家までの搬送費用を全て負担してもらえた。

つまり、保険適用で無料だった!

自腹で払えば、5万〜10万は払わなければならない内容だ。

保険料はとても安いのに、こんな充実したロードサービスが無料で付帯しているとは、素晴らしいことだ。

結論は、自動車保険に付帯のロードサービスは使える!ということだ。

当初、自動車保険は掛け金の安さと、事故った時の保障内容で決めた。

ただ、今後の保険選択の選択肢には、ロードサービスが無料で付帯しているか、ロードサービス内容は充実しているかを考慮するだろう。

そういう意味では、チューリッヒの自動車保険 は結果論だが選んで良かった。

ロードサービスが素晴らしかった。嬉しくない話だが、今回の故障で保険料の元が取れた。しかも、ロードサービスを利用しても、保険料の値上がりは無いらしい。

ちなみに、この記事を読んで、新たにチューリッヒに加入しようと思ってくださった稀有な方は、こちら↓のリンクから加入すると、紹介割引で2,500円割引になります。

チューリッヒの自動車保険 のリンク

(ちなみに、私には hontoカード というよく分からない商品券が 1,500円 もらえるらしいです。)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする