ドライブレコーダーの電源をリアワイパーから取ってみた(配線隠し成功)



ドライブレコーダーの電源について

今流行のドライブレコーダーだが、配線引き回しが面倒なんだよね。。

なんとかならんのか?特にリアのドライブレコーダー。

ということで、今回はリアドライブレコーダーの電源を、ドラレコから近いところからGETできたので、配線引き回しが楽になったというレポをします!

リアワイパーから電源を取る

実は、リアワイパーには、エンジンスタートで12Vが流れてくるアクセサリー電源が来ている。

所謂、ACC電源というやつだ。

リアワイパーはバックドアについているので、リアワイパーから電源が取れれば、バックドアからチューブを介して室内に…という面倒な配線が不要になるのだ。

まず、バックドアの内張りをバリバリと外す。

たいがいの車は、素手でバリバリと内張りを外すことができる。

工具は要らず、必要なのは勇気だ。

内張りを剥がしたバックドアがこちら↓。

オジサンが履くブーメランの水着みたいな形をした三角形のモノが、リアワイパーのモーター部だ。

リアワイパーの内側

ここにつながっている、黒いチューブのケーブルが、ワイパーに電源等を供給しているケーブル群となる。ここに目当ての12V ACC電源(アクセサリー電源)がある。

この端子↓(ハーネス)から電源を取る。

ワイパーにつながるハーネス

手では取れないので、細いペンチなどでハーネスを外すと良い。

リアワイパーソケット(ハーネス)

ここに、テスターの端子を当てて、12V ACC電源(アクセサリー電源)が来ているか確認する。

なお、なぜか昔から持っているテスターがご臨終していたので、新しくデジタルテスターを新調した。安くなったものだ。ビックリした。

マイナス端子はGND(つまり、バックドアの金属部分のどこか)に当てて、プラス端子をハーネスの端子に当てる。

テスターで電圧測定

対象のケーブルは、青・茶・黒の3色のケーブルだった。

「さてどの色が12Vだ!?」「絶対に青色だろ?」とワクワクしながらテスターで測定すると、なんと結果は「黒色が12V ACC電源(アクセサリー電源)」だった。

テスターで電圧測定

黒はGNDでしょ普通!と憤慨しそうになったが、テスターで計測してよかった。これは当てずっぽうでは分からない。

※なお、エンジンをスタートしないとACC電源(アクセサリー電源)に電圧は来ないので、エンジンがかかった状態で、計測する必要がある。

さて、黒色がACC電源(アクセサリー電源)と分かったところで、このケーブルから電源の分岐を行う。

ケーブルの皮膜を取って、はんだ付けで配線分岐しても良いのだが、面倒くさい。

そこで、エレクトロタップ(配線コネクターを使用した。

エーモン 配線コネクター(白) DC12V40W以下/DC24V80W以下 5個入 2977
  • エーモン(amon)
  • 価格   ¥ 344
  • 販売者 Amazon.co.jp

コイツはすごいぞ!ケーブルを切ることなく、エレクトロタップを挟む(ペンチで押さえつける)だけで、配線の分岐ができる優れものだ。

エレクトロタップ(配線コネクタ)

こんな感じで、エレクトロタップ(配線コネクタ)でかしめる。

エレクトロタップ(配線コネクタ)が皮膜を削り、むき出しになった電線から電気を吸い取るという仕組みだ。

いい感じで、ワイパーの電源から分岐することができた。

なお、↓の写真のように、GNDをバックドアの六角ボルトのところから取得している。

エレクトロタップ(配線コネクタ)

ドラレコのシガーソケット端子に電源を供給しないといけないので、シガーソケットのメスを用意する。

このように、Y字コネクタが付属しているものが楽で良い。

シガーソケットは、車の振動で煩くないように、結束バンドでバックドアに当たらないように固定した。

シガーソケットに結束バンド

TRUSCO ナイロン結束バンド(耐候性タイプ) 2.5×99 100本入 TRJ100B
  • トラスコ中山(TRUSCO)
  • 価格   Check on Amazon

左の青で囲ったところが、ワイパーのケーブルから電源を盗んだところで、右の青で囲ったところが、シガーソケットを結束バンドで括り付けたところだ。

バックドアから電源取得(ドライブレコーダー)

リアドライブレコーダーへ、USBケーブルで配線する。

この青色の線のところを通した
(写真は、その過程なので、ケーブルが意味わからないところからハミ出ている)

リアドライブレコーダーの電源をリアワイパーから

リアワイパーから電源を取ることで、簡単に配線が可能だった。

ちなみに、ドライブレコーダーは、吸盤でぶら下げるタイプではなくて、こういう↓両面テープで貼り付ける小型タイプの方が良い

視界の邪魔にならず、安全運転ができるからだ。

ちなみに、今は、リアドラレコに上側のドラレコをフロントドラレコに下側のドラレコを使っている。

ついでなので、フロントドラレコをどのように配線しているかも紹介しよう。

内張りの中を通しているので、配線隠しが実現できている

フロントドライブレコーダーの配線隠し

千と千尋の神隠しみたいなタイトルだが、フロントドラレコの配線隠しだ。

この青色で書いたように、配線を中に入れている

フロントドラレコの配線隠し

工具は必要なく、素手で内張りをバリバリと浮かせるだけだ。

ここも、難なく青い線に沿って、ケーブルを中に埋めることができた。

フロントドラレコの配線隠し

汚い写真で恐縮だが、足元まできたケーブルを取り出し、フロアマットの下に通す

フロアマットにドラレコの配線を

こういう、シガーソケットからUSB端子を延長するケーブルを使用すると、運転席や助手席の下に、ややこしい配線を隠すことができる

こんな感じで、配線が気にならないようにドライブレコーダーを取り付けることができた。

ドライブレコーダー 設置後

この記事も読まれています

デッドニングとは? カーオーディオの基本事項に、デッドニングがある。 デッドニングとはなにか? 日本では「デッドニング」とだけ...
ウィンカーをLED化する 私はけっこう待ちぼうけを食らうことが多い。 エコ(低燃費)のためにも、エンジンを切ってハザードをチカチカと...
サイドマーカーのLED化 ウィンカーやハザードを点けると、サイドマーカーがアンバー色に光る。 ハザードって、路駐して人を待ってるとき...
テールランプのLED化 テールランプ(リアスモールランプ)は、夜間に常に灯火することになる。 私の車(ハリアー350G Lパッケージ...
バックランプをLED化する バックをする際に、「暗いなぁ」と思うことがよくある。 車内から後ろを見ても、バックモニタを見ても、暗くて...
ハイビームをLED化 ハイビームは、LED化するメリットが大きいパーツだ。 ・LEDは瞬時に100%の明かりになるため、パッシン...
ルームランプLED化の効果 ルームランプがハロゲン灯の場合、触ってみると分かるが、とても熱くなる。 それだけ、電力を消費して...
フォグランプをLED化 フォグランプのLED化はお手軽にできて、車のイメージもピシっと変わるカスタムなので、けっこうチャレンジする人が多い...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする