体重を増やすには「記録」せよ




体重を増やす

普通の人は、普通にしていれば「太って困る」とよく耳にする。

ただ、逆の人もいて、デカくてムキムキになりたくて、頑張って食ってもガリヒョロから抜け出せない人もいるのだ。

「体重を増やすためには、食えば良い」というのは自明なことであるが、世のガリヒョロは、食べるのがあまり得意ではない種族の人たちである。

では、どうすれば食べれるようになるのか?

それは、「記録」することが重要だ。

食事の記録をする

毎日、何を食べたのかを記録することにより、

「今日はカロリーが不足しているので、もう少し食べよう」

「今日はタンパク質が不足しているので、タンパク質を食べよう」

というように、カロリー不足・栄養不足を回避できるようになる。

そこでおすすめの食事記録アプリ「あすけん」である。

こんなように、摂取カロリーだけでなく、栄養素までを記録してくれるのだ。

食事の記録は面倒なイメージがあるが、食べたものを検索する機能が高機能なので、苦にならない。

たとえば、「ご飯」と検索すると、こんなにたくさんの候補が出てくる。

チェーン店で外食した時も、チェーン店のメニューはたいてい網羅されているので、「吉野家 牛すき鍋膳」のように検索すると、ほぼ確実にマッチする。

このように、プロテインまで登録されている。

もともと、「あすけん」はダイエット(減量)用のアプリだが、増量のためにも使えるという訳だ。

栄養士からのアドバイス機能もあり、摂取カロリーが少なめだと、「よくカロリーコントロールができていますね」と褒めてくれるのだが、ここは逆に、「カロリーが足りねーよガリヒョロ」と罵って欲しいところではある。

食事記録を付けた結果

実際、このアプリで食事記録を付け始めてから、 4ヶ月で5kgの増量に成功した。

体重も、記録した方が良い

私は、Bluetooth によりスマホと連携が可能な中国製の安いスマート体重計を使っている。

[amazonjs asin=”B01N42B4R2″ locale=”JP” title=”multifun 体組成計 スマホ対応 ビタ機能簡単設定 Bluetooth体重計 ヘルスメーター カラダスキャン”]

食事を記録するようにしてからというもの、意識的に不足しているカロリーや栄養素を把握できるようになたので、「もう少し食べなきゃ」「タンパク質はタマゴが多いから、タマゴを食べよう」といった、健康にとって良い方向に食生活が進んだ。

やはり、記録して、事実をしっかりと正しく認識することは意識付けの意味でも、大切なことである。

また、これからIoTの時代になるので、様々なデータを複合的に分析できるようになってくる。

きっと将来は、スマートウォッチ等で取得したバイタルデータを元に、医者が「あなたは健康的にこうなので、もっとこうした方が良い」といったアドバイスをしてくれるようになるだろう。

その時に、「昔はこうだったんだね」ということが、分かるように、今のうちから、バイタルデータを蓄積しておくことは、将来に向けた貯蓄にもなり得る。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする