会社オフィスで使用するメカニカルキーボードに関する考察|熟考した結果、黒軸+静音化リングが最適解か!?

生活家電

会社オフィスでメカニカルキーボードを使用したい

私は企業の研究者だ。
特許を書いたり、論文を書いたりと、けっこうタイピングすることが多い気がする。

筆が進まない時に思うのである。

成果が出ない私
成果が出ない私

「あぁ、キーボードが良いものならば、もっとやる気が出るのに!」


そうなのだ。

小さなことかもしれないが、少しでもワクワクすることがあれば、仕事の能率は格段に向上するのだ。

ワクワク感を出すための一つのツールとして、キーボードがあると思う。

ということで、会社オフィスで使用するメカニカルキーボードについて、考察してみたいと思う。

会社オフィスで使用するキーボードの要件は!?

会社オフィスでメカニカルキーボードを使用したい。

自宅で使用する場合とは、少し異なる要件が出てくると思う。

要件1:タイピング音(打鍵音)が静かであること

これは、極めて重要な要件である。

同じ職場に、タイピング音がめちゃくちゃうるさい人がいると、仕事に集中できない
自分もこの被害に悩んだことがある。

Enterキーを「ターン」と爆音で打つ人が後ろに座っていたことがあるが、あれはストレスだった。

(本人は気持ち良いのだろうが、周りに人はたまったものじゃない)

青軸のメカニカルキーボードなんて使った日には、「カチカチカチカチ」攻撃で、周りの人は発狂してしまうことだろう。

タイピング音(打鍵音)が静かであることは、必須要件であると言える。

要件2:見た目が派手すぎないこと

そもそも、私物のキーボードを会社に持ち込んではいけないところも多いだろう。

(厳密には、弊社もNGだった気がする)

特に、キーキャップがカラフルで、見た目がいかにも私物の自作品だったり、LEDでキーキャップがカラフルにイルミネーションされるものも、目立ちすぎてNGだろう。

全身真っ黒のキーボードなどが、会社支給品と見分けが付か無いし、目立つこともないので、無難だろう。

要件3:ワクワクすること

「ワクワクすること」という要件は、実はかなり重要な要件だ。

つまらない仕事でも、ちょっとしたキッカケがあると、楽しく仕事ができたりする。

例えば、気が進まない特許原稿を書くときも、「キーキャップを交換したキーボードでたくさん打鍵できるので、ちょっとタイプしてみるか」といった具合にだ。

「ワクワクすること」のワクワク要素は、人に依って異なると思うので、それぞれ自分なりのワクワク要素を見つけて欲しい。

私の場合は、自作とかカスタム品とかが、ワクワク要素な気がする。

会社オフィスで使用するメカニカルキーボードの考察

先ほど挙げた、要件1~要件3までを満たすメカニカルキーボードについて、考察していきたいと思う。

 要件1:タイピング音(打鍵音)が静かであること

 要件2:見た目が派手すぎないこと

 要件3:ワクワクすること

軸(スイッチ)について

メカニカルキーボードにおいて、最も重要なのは、軸(スイッチ)ではないだろうか。

軸(スイッチ)の特徴は、こんな感じだ。
(ありふれた有名な情報ですね)

軸種クリック感押下荷重キーストローク打鍵音
青軸あり50g
重め
4mm
普通
極めて大きい
(クリック音が大きい)
茶軸軽くあり45g
軽め
4mm
普通
若干大きい
(クリック音が少し)
赤軸なし45g
軽め
4mm
普通
静か
黒軸なし60g
重め
4mm
普通
静か
銀軸なし45g
軽め
3.4mm
短い
静か
ピンク軸
(静音赤軸)
なし45g
軽め
3.7mm
若干短い
静か

まず、青軸は論外ですね。あのカチカチしたクリック音が煩すぎて、オフィスで使ったら殺されると思います。

茶軸も、クリック音が若干煩いので、使わない方が無難ですね。

銀軸は、高速入力向けなので、キーストロークが浅くタイプミスを誘発するので、論文書いたりという用途には向かないかもしれない(これは、人に依る)。

そして、ピンク軸(別名、静音赤軸)は、赤軸を静音化設計したものなので、それはそれは静かだが、若干キーストロークが浅いので、誤入力が発生しやすかったりするので、私はあんまり好きじゃない。
そして、押し込んだ後の反発力も弱いので、なんか打鍵していて張り合いが無い感じもする。

残る選択肢は、「赤軸」か「黒軸」となる。

赤軸最もポピュラーな軸で、メカニカルキーボードを使用している人の約半数が選ぶ軸だ。

黒軸は、赤軸と比較して押下荷重が少し重い特徴がある。

赤軸と黒軸で迷ったので、実際に使ってみた結果をレポートしたいと思う。

「赤軸」と「黒軸」のタイプ音に関する比較

「赤軸」と「青軸」、どっちが会社オフィスに向いているの?問題だが、「要件2:見た目」と「要件3:ワクワクするか」については、赤軸と青軸で変わりがないので、「要件1:タイプ音(打鍵音)が静か」という観点で比較したいと思う。

キースイッチの交換

黒軸のキーボード

ちょうど自宅に、「赤軸」と「黒軸」の両方を持っていたので、タイプ音(打鍵音)を比較したいと思う。

赤軸黒軸
クリック音なしなし
底打ち音トンヌッ
戻り音ストッ、カチャストッ、コツッ

こうやってちゃんと比較すると、圧倒的に黒軸の方が静かであることが分かった。

赤軸は、戻り音が結構大きく、カチャカチャという高音が響く。これがけっこう気になる。

黒軸は、戻り音が赤軸と比較してかなり小さく、スコッスコッという感じの音だ。
黒軸は、底打ち音が小さくなるなずという先入観が大きかったが、実は戻り音の方が赤軸と比較して音が変わる結果となった(もちろん、底打ち音も小さい)。


静音性の観点で、かなり黒軸が優秀であることが分かった。

タイピングの感覚についてだが、赤軸は軽くて、軽やかに打鍵することが可能だ。

数値で見ると、押下荷重は45gだ。

これと比較して、黒軸の押下荷重は60gと大きいが、実際タイプしてみると、重ったより重たくない印象だ。

タイピングの感触としては、下記のような感じだ。

 赤軸:底までストレートに沈み込む感じで、底打ちがトンッという感じ

 黒軸:底にゴムが挟まっている感じで、底打ちがヌッという感じ


黒軸は、底に近づくほど打鍵感が重たくなるので、キーストロークの途中で底を打つ前に途中で止めて、次の文字にタイプするようなことがやりやすく、実は黒軸の方が疲れにくいとすら思えるくらいだ。

ということで、会社オフィス向けの軸(スイッチ)として、私は黒軸に軍配があがった。

黒軸のメカニカルキーボード購入

自宅用途では、Amazonで購入したこのe元素のキーボードを使用している。

元々は青軸だったが、うるさかったので赤軸に変更し、その後キーキャップをPBT樹脂に交換したものだ。

たいへん使いやすい。

会社オフィス用にもメカニカルキーボードを購入しようと色々と探したが、黒軸の安価で良さそうなメカニカルキーボードは、あいにく見つけることができなかった。

(FILCOやREALFORCEの購入なキーボードを買えよ、と思う方もいらっしゃると思うが、安いものを買って、心置きなくカスタマイズして使用することで、私のワクワク感が高まるので、安い気楽なものを購入したい!決してお金がないからではない。お金がないからではない!)

困った時のAliExpress(アリエク)だ。

AliExpress(アリエク)を徘徊していると、ちょうど格安で黒軸のメカニカルキーボードが売られているのを発見した。

https://s.click.aliexpress.com/e/_9j6MCz
(↑AliExpress(アリエク)の商品ページへのリンクです)

アリエク初めての方は、ぜひ下記招待コードを使って登録ください(←本日2度目の宣伝 笑)。
2500円程度のクーポンを取得することができます。
(このブログの著者にも500円程度のクーポンが贈呈されてしまいます)
招待コード= INEBSA49

さっそくポチっと購入してしまった。


購入後、15日程度で到着した。最近はかなり到着が早いように思う。有り難いことだ。

これが届いた黒軸のメカニカルキーボードだ。

AliExpressで買った黒軸キーボード

真っ黒で、とてもシンプルな作りだ。

私は、テンキーは使わないので不要だが、powerpointで資料をたくさん作るので、矢印キーは必須という人なので、矢印キーが付いた、コンパクトな82キー数のキーボードを購入した。

スペースキーに、A-JAZZというよく分からないロゴが入っているのがダサいので、後でキーキャプを交換したいと思う。


こんなに安いのに、ちゃんとCherry MX互換スイッチである黒軸が付いている。

黒軸

CapsLockキーは、CapsLockがONになると、この赤色LEDが点灯して、「CapsLockがONになっているよ!」と知らせてくれる便利機能付きだ。

軸(スイッチ)を取り付ける基盤部分は、アルミ性になっていて、ズッシリ重たく、堅牢な作りでしっかりしている。

打鍵感はちゃんとメカニカルキーボードで、素晴らしい!

購入した黒軸のメカニカルキーボードのキーキャップをPBT樹脂に交換

購入したキーボードだが、キーキャップがABS樹脂で、少し安っぽい感じなことと、スペースキーにA-JAZZという聞いたことがないロゴが入っていてダサ買ったので、別途PBT樹脂のキーキャップを購入して、これに交換することにした。

あと、ABS樹脂のキーキャップ(キートップ)特有の、カチャカチャという高い戻り音を小さくするためにも、PBT樹脂のキーキャップは有効だ。

https://s.click.aliexpress.com/e/_ANiV9B
(↑AliExpress(アリエク)の商品ページへのリンクです)

アリエク初めての方は、ぜひ下記招待コードを使って登録ください(←本日2度目の宣伝 笑)。
2500円程度のクーポンを取得することができます。
(このブログの著者にも500円程度のクーポンが贈呈されてしまいます)
招待コード= INEBSA49


そして届いたPBT樹脂のキーキャップ↓

PBT樹脂のキーキャップ

なぜ白色のPBT樹脂のキーキャップも購入したか?については、気が向けば下記のエントリーを参照ください。


キーキャップを、ABS樹脂→PBT樹脂に変更するだけではなく、更に静音化を行うために、静音化リングも付けることにした。
静音化リングの効果についても、上記のエントリーで記載させてもらったので、こちらも参照されたい。


まずは、スポスポとキーキャプ(キートップ)を外していく。

キーキャップを全て外したところ

キーキャップを外すための器具を使うよりも、素手で外した方が、キーキャップに傷が付かず、かつ、高速に外すことができる
コツは、親指の腹で、下方向(スペースキーがある方)から、上に押し上げるように外すと、スポッと簡単に取り外すことができる。



まだ全く使っていないABS樹脂のキーキャップよ、さようなら!

外したキーキャップ




そして、静音化リングを装着して、新しく買ったPBT樹脂のキーキャップを取り付けた。

PBT樹脂のキーキャップに交換

このキーボードの矢印キー、右Shiftキー、Endキー、ESCキーは、特殊なサイズだったので、PBT樹脂のキーキャップを取り付けることができなかった


残念だ。

これらのキーは、ABS樹脂のキーキャップのままだ。
よ〜く見ると、若干これらのキーは色が違うように見えるが、あまり気にならないかな。そういうことにしよう。

PBT樹脂のキーキャップに交換

PBT樹脂のキーにしたので、シックな感じで、シンプルでかっこよくなった気がする。
余計なショートカットマークなども書かれていないので、シンプルですね。

特に、スペースキーに変なロゴも無くなったので、良かった!

PBT樹脂のキーキャップに交換

「PBT樹脂のキーキャップ」+「静音化リング」装着後のタイピング音(打鍵音)だが、元々黒軸のキーボードなので、スコスコという感じで静かなタイピング音だったが、それが更に静かなスコスコになった


最高だ。

特に、静音化リングのおかげで底打ち音の「ヌッ」が、「ヌッ(小音)」に変更された。
かなり音が小さくなった。

そして、ABS樹脂からPBT樹脂のキーキャップに変更したことにより、戻り音が「スコッ」という若干高い(それでも十分小さい音)が、「コッ」という微音になった。

全体的に、すごく静かなスコスコ音だ。

これだったら、「要件1:タイピング音が小さいこと」も十分にクリアしている。

「要件2:見た目が派手じゃない」も、真っ黒なキーボードでシックなのでOK。

「要件3:ワクワクする」も、静音化リング+PBS樹脂のキーキャップに変更してカスタマイズしたことで、オリジナル感が出て、ワクワクである!

コメント

タイトルとURLをコピーしました