メカニカルキーボードの青軸に静音化リングを装着する効果は?検証してみた

生活家電

メンブレンキーボードと比較して、メカニカルキーボードのタイピングの爽快感は比較にならないくらいの気持ちよさがある。

せっかくメカニカルキーボードを買うのであれば、スイッチのクリック感が強くて、「いかにもメカニカル」という「青軸」を買った人も多いのではないだろうか。

私もその中の一人だ。

しかし、「青軸」を初めて使った人は、みんな思うことだろう。

青軸ユーザ
青軸ユーザ

青軸はうるさい!

Amazonでメカニカルキーボードを購入し、さっそく翌日に届いて、ルンルンな気持ちで開封し、さっそく使ってみると、さっそく同居人である彼女が「そのキーボードめっちゃうるさいね!」と言ってきた。

ルンルンな気持ちが、ショボーンに変わってしまった。

焼け石に水感は否めないだろうが、そんな訳で、青軸のメカニカルキーボードを少しでも静かにできないか、チャレンジしてみることにした。

購入したメカニカルキーボード(青軸)

メカニカルキーボードと言うと、HHKB や FILICO の高級キーボードを思い浮かべる方も多いと思うが、近頃は便利な世の中になった。
ハイクオリティなメカニカルキーボードが、中華製で超絶安価に入手可能になった。

その中でも、「安価なのに品質高くて素晴らしい!」ということで有名な「e元素」のメカニカルキーボードを買ってみることにした。

e元素は素晴らしくて、スイッチ(軸の種類)を自分で選んで購入することができる。

タイプ音キータッチの重さクリック感
赤軸静かめ軽いなし
茶軸中くらい中くらい僅かにあり
青軸大きい重いあり

メカニカルらしさが最も溢れているのは、「青軸だ!」という前評判を見て、「青軸」を購入した。

届いたのがこちら↓

e元素メカニカルキーボード

81キーを持つ英字キーボード。

作りはめちゃくちゃしっかりしていて、ズッシリと重い。公式のデータに依ると、780gの重量があるらしい。

Cherry 青軸スイッチと互換性がある。

独立スイッチ(複数のキーを同時に押してもそれぞれ個別に認識可能)採用、生活防水でコーヒーをこぼしても安心。
ゲーミングキーボードなので、青色LEDがつつましく光る(光るパターンは設定で変更可能)。

キーキャップはABS樹脂だが、それなりに高級感があり、肌触りも良い感じ。
(PBTなどの高級感ある材質にはやはり劣る)

印字は長時間使用しても薄くなりづらいレーザーエッチング。

こんな感じで、ひととおり欲しい機能は揃っている感じ。
これがこんなにも安い値段で購入できるなんて、良い時代に生まれてこれて良かった。

キーキャップを外すと、スイッチ(軸)のお披露目。

ちゃんと青軸が付いている。

メカニカルキーボードのスイッチ(青軸)

キータッチは、打鍵感がしっかりしており、青軸ならではの「クリック」感が気持ち良い

思ったよりもバネ圧は軽く、軽快にタイピングできる感じ。


打鍵音は大きい。だって、青軸だもの。

打鍵音(タイピング音)の分析

打鍵音(タイピング音)は、大別して「クリック音」「底打ち音」「戻り音」の3つに分類できるだろう。

音の特徴分析
クリック音チッ or カチッ or パチッ青軸のクリック音、スイッチが押されることで、スイッチ自体が発する音
底打ち音ピーン or トン(高音)キーキャップが底に当たった時に発する音。タイピングの強さにより底に当たる音の大きさや高さが変わる。キーキャップが軽いABS樹脂なので、強くタイプすると、ピーンと高音の安っぽい大きな音がする。
戻り音ストッ or ターンスイッチのバネが元に戻りきった時に、発する音。キーキャップの中の空間が共振してそれなりに大きな音が鳴る。

気になるのは、キーキャップがABS樹脂で軽いからなのか、底打ち音のピーン or トンという高音の安っぽい音が気になる

戻り音も、底打ち音ほどではないが、高音で軽い音なので、少しだけだが安っぽく感じる

クリック音は、良い感じで、それこそ「メカニカル」という字のごとく、機械のスイッチっぽい音が鳴って個人的に好きだ。

だが、私はラッキーかもしれない。
「底打ち音」については、静音化リングを取り付けることで静かにすることができるのである!

このe元素のメカニカルキーボードの嫌いな「底打ち音」をマシにするために、静音化リングを試してみることにした。

青軸に静音化リングを付けてみる

詳しい人が「青軸に静音化リングを付ける」と聞けば、きっとこう思うことだろう。

玄人
玄人

青軸に静音化リング付けるってバカなの?

そうなのだ、青軸を買う人は、打鍵音なんて気にしないことを前提に購入するからだ。

そして、静音化リングを付けても、クリック音は静かにならないからだ。

ただ、私は底打ち音の安っぽさを改善したかったので、敢えて静音化リングを付けてみることにした。

千円くらいも出せば、大量に購入することができる。

シリコン製が静音性に優れ、丈夫なのでオススメらしい。

さっそくキーキャップを外す↓

e元素メカニカルキーボード(青軸)

このように、キーキャップを外して↓

キーキャップに静音化リングを装着

キーキャップの軸受け(+マークの棒)にリングを装着する。

(白いキーキャップに、白濁色の静音化リングなので、写真じゃほぼ分からんですね)

キーキャップに静音化リングを装着

1時間くらいかけて、81キー全てに静音化リングを取り付けた。

キーキャップに静音化リングを装着

これが静音化リング装着後の写真だ。
いかがですか?

静音化リングを装着してカッコよくなったでしょう?(見た目は全く変わりません)

キーキャップに静音化リングを装着

静音化リング装着後の打鍵音(タイプ音)の変化は、こうなりました↓

beforeafter(静音化リング装着後)
クリック音チッ or カチッ or パチッチッ or カチッ or パチッ
(変化なし)
底打ち音ピーン or トン(高音)トン(中音)
静かになった!
ピーンという安っぽい高音が無くなった
戻り音ストッ or ターンストッ
若干静かになった
ターンと響く高音は無くなった

底打ち音が圧倒的に小さくなりました。
嫌いだった「ピーン」という安っぽい高音が消えてクリック音だけが軽快に鳴るようになり、気持ちの良い音になりました。

キーキャップにシリコンリングを付けたことで、多少キーキャップの質量が重たくなったことに起因してか、副産物として戻り音も若干静かになった
これは儲けものだ。


まとめると、こんな感じだろうか。
青軸であっても、底打ち音は静になる
 従って、底打ち音が気に入らないキーボードであれば、静音化リングを付けると大きな効果を得ることができる。
クリック音は変わらない
 静音化リングをつけたところで、青軸のカチカチというクリック音には変化がないため、クリック音の静音化を目的に静音化リングを付けても意味がない。

加えて、静音化リングを付けると、キーキャップに下駄を履かせることになるため、タイピングの深さが若干浅くなる
今回は、1.5mmのシリコンリングを使用したが、体感でだいたい1mmくらいキーストロークが浅くなった

キーストロークが浅くなることはすごく良くて、タイピングが高速になった。
(底に打つまでのスピードが早くなるので高速だし、その分指の運動量も少なくて済むため、指も疲れづらくなったように思う)

コメント

タイトルとURLをコピーしました