車のオルタネータノイズを見事に解消できた



オルタネータノイズとは

エンジンの回転に合わせて、「ヒューヒュー」という音が鳴る場合は、オルタネータノイズだ。

オルタネーター(発電機)が電力を作り出す訳だが、電力会社が生成する家庭用電力と違って、エンジンの回転により発電機を回すことから、発電機が作り出す電力は、ノイズが多い

この電力を使ってオーディオ機器を鳴らすと、オルタネータノイズが載った音になってしまう。

もしくは、発電機が作った電力を流すケーブルと、オーディオケーブル(RCAケーブル等)を近づけると、オーディオラインにオルタネータノイズが載ってしまう。

オルタネータノイズを一発で解消

オーディオラインに、「グランドループアイソレーター」という難しい名前の機器をはさむだけで、嘘のようにオルタノイズが消えた

わずか1000円程度で、電源も必要ないような機器をかますだけでノイズが消えて、とても音質が良くなった。

ありがたい話である。

これまで、電源ラインにフェライトコア(↓こういうやつ)を挟んだり、色々と試行錯誤してきたが、あまり効果がなかったのに。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする