カーオーディオの音質アップ(電源ラインのノイズフィルタ)



カーオーディオの電源ラインのノイズ除去

私は、車ではBluetoothアダプタを介して音楽を聴いている。

ハリアー30系のオーディオ事情 ハリアー30系は前期/後期ともに、ある程度古い車なので、AUX端子も無ければ、bluetoothオーディオ...

Bluetoothアダプタの電源は、シガーソケット(12V)から、USB(5V)に変換して取り出している。

車の電源は、オルタネータ(発電機)などの影響で、磁場が発生し、かなりノイズが多いことをご存知だろうか。

憎きオルタネーターノイズ対策は、こちらのエントリーに書いたので、興味があれば御覧ください↓

オルタネータノイズとは エンジンの回転に合わせて、「ヒューヒュー」という音が鳴る場合は、オルタネータノイズだ。 オルタネーター(発電...

今回は、電源ラインのノイズを除去することで、音質アップを狙いたいと思う。

電源ノイズ除去回路

電源ラインのノイズ除去方法として、下記2つがある。

(1)フェアライトコアを使用する
(2)ローパスフィルタを入れる

(1)フェアライトコアは、1MHz以上くらいの高い周波数のノイズに対して高いインピーダンスを示し、高い周波数のノイズを熱に変換するため、高周波ノイズを除去できるというものだ。

ただ、電源には、これよりも低い周波数のノイズが多く混入しているため、フェアライトコアだけでは、心許ない。

そこで、(2)ローパスフィルタ回路を使用することをオススメする。

今回は、USB電源なので、USBケーブルの間に、こういった↓ローパスフィルタの回路を入れる。

カーオーディオの電源ノイズフィルタ
(左が切れてますが、左が入力5Vです)

こういった回路を作ることで、低周波のノイズも除去することができる。

実装

1000μFの電解コンデンサには、ニチコンFGを使用した。

ちなみに、ニチコン FineGoleは、オーディオ用ハイグレード品で、豊かな低音と伸びやかな中高域を実現というコンデンサだ。

インダクタには、トロイダルコアを使用した。

0.22μFのコンデンサは、特性の良いフィルムコンデンサを使用した。

ローパスフィルタ回路

こんなにコンパクトに収まる簡単な回路だ。

USB電源に挟む必要があるので、下記構成とした。

入力:USB-A(オス)

出力:USB-A(メス)

USB(メス)端子は、USB延長ケーブルを切断して用いた。

USB延長ケーブル

買ったばかりのUSB延長ケーブルを、さっそくニッパーでパッチンと切断。

中から、黒赤白緑の線が出てくるが、各配線はこのような構成になっている。

黒:GND
赤:Vcc(5V)
白:DATA-
緑:DATA+

USBケーブルを配線

今回は、USB電源としてしか使わないので、信号ライン(DATA)は必要ない。

したがって、黒と赤の線だけ使用する。

黒と赤の線の皮膜を剥がして、回路に配線する。はんだ付けを行う↓。

はんだ付け

ちなみに、この細い線をはんだ付けするだけだと、強度が弱いので、ホットボンドで補強した。

電源ラインのローパスフィルタが完成↓

電源ラインローパスフィルタ

ちなみに、電流容量は、トロイダルコアの電流限界値に依存する。
(上記の私が使ったトロイダルコアは、3Aまで定格問題なし)

いざ、自作ノイズフィルタを使ってみる

このように、今回製作した自作ノイズフィルタ(ローパスフィルタ)を、USB電源に接続して使ってみた。
(ちなみに、回路本体は、赤い絶縁テープでぐるぐる巻きにして強度をMAXにした)

ノイズフィルターを使ってみた

音質の変化

・音の輪郭がくっきりした
ノイズフィルタを入れると、明らかに音が変化した。まず、音の輪郭がくっきりとして、解像度が上がった。細かな音も聴き分けやすくなった。

・低音の締りが良くなった
ボワボワとしていた低音が、ノイズフィルタを入れることにより引き締まり、腹にくる低音に変化した。低音好きとしては、嬉しい変化だ。

やはり、カーオーディオは、電源ラインのノイズ除去は重要である。

1000円もあれば簡単に作れるので、DIY好きな人はぜひチャレンジしてみて欲しい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする