ソーラー充電器を設置して車のバッテリーあがりを予防!バッテリーの寿命延長も

ハリアー350G Lパッケージ カスタマイズ

バッテリーがあがってしまった

コロナ禍もあり、すっかり外出の機会が減り、バッテリーがあがってしまった。
バッテリーチャージャーを使用して、ひとまずは充電した(その時の模様は下記エントリーに記載したので、気が向いたら見てください)

だが、また2ヶ月ほど車に乗らない期間があれば、再度バッテリーがあがってしまう訳である。
これは由々しき事態だ。

車はエンジンを切っていても、車の侵入検知システム(セキュリティ)やキーレスリモコンの待ち受けなどのために、微弱ながら常に電力を消費している。

これを、「暗電流」と呼ぶことが多い。

一般に、暗電流は30mA以下程度が多いと言われている。

試しに、私の車(ハリアー350G Lパッケージ)の暗電流を計測してみると、25mA程度だった。
(計測しているところを掲載しようと思っていたが、写真を撮るのを忘れてしまった)

25mAなんてほんと微弱な電流だが、悪い意味の継続は力なりで、2ヶ月流しっぱなしになると、
12V x 25mA x 24h x 60days = 432Wh
にもなる。

私のバッテリーはPanasonic カオス N-100D23L/C7 で 5時間率容量は 58Ah。
5時間で 58Ah x 12V = 696Wh 使用できる容量ということだ。

5時間率容量なので、これですっからかんになることは無いが、432Whはけっこうなウェイトを占めそうだ。

ということで、この暗電流 25mA をなんとか太陽光発電(ソーラー充電)で賄えないか?ということにチャレンジしたいと思う。

太陽光発電=ソーラーチャージャーによる給電

太陽光発電により生産した電力を、車のバッテリーに蓄えることができれば、暗電流に悩まされることもない。
自分の車にソーラーパネルを搭載する日が来るとは思わなかったが、時代は進展したものである。

なんと、2500円も出せばお釣りがくるような値段で、ソーラーチャージャー(ソーラー充電器)が売られている。

最大出力は 25mA ということで、なんと偶然にも私の車の暗電流値 25mA にジャストミートするではないか!

実際には、太陽が出ていない時間には発電能力は低下するため、暗電流による放電のほうが、太陽光発電による給電を上回ってしまうが、バッテリーに蓄電された電力の浪費スピードは格段に抑制できることになる。
これは素晴らしいではないか!

気がついたら、指が勝手にポチっていた。しつけの悪い指だ。

メルテックバッテリーチャージャー

「バッテリーにサプリメントを!」
「バッテリーが元気イキイキ」
という宣伝文句には思わずニヤけてしまう。

パナソニック製のアモルファス太陽電池を使用しているとのことで、品質は安心できそうである。

さっそく開封し、動作確認だ。
テスターでソーラー充電器の電圧を計測してみると、18.87V の出力が出ていた。
ちゃんと動作しているみたいだ。

バッテリーチャージャーの動作確認

なお、いろんな人のブログを徘徊していると、こうやってソーラー充電器の電圧を計測して、「18Vも出ている!危ない!品質はどうなっているんだ」と書いている人をちらほら見かけるが、これは開放電圧であって、負荷に対して電流を流していないので、高めに電圧が計測されるのである。安心して大丈夫だ。

このソーラー充電器は、マイナス端子はU時のクワガタのツノのような端子が付いているが、プラス側については、動線がむき出しになっていて無加工である。

従って、自分で端子処理をしなければならない。

ソーラー充電器は、できればバッテリー端子に直接つないだ方が良い(所謂、バッ直が良い)のだが、私の車はダッシュボードからバッテリーまで電線を取り回すのは難しいので、助手席側グローブボックス下のヒューズボックスに接続することにした。

そのため、ヒューズから電源を取り出すための部品と、先述のプラス端子を加工するための部品が必要になる。

どちらも安いものだ。

まずは、ソーラー充電器のプラス端子に、ギボシ端子(オス)を取り付ける。
私は、ワイヤーからギボシがスポッと抜けるのが嫌いなので、ハンダで導線とギボシ端子を癒着させてしまった。このあたりは好みだ。

バッテリーチャージャーの端子処理

これで準備は整ったので、実際に車に設置していこうと思う。

ソーラー充電器の車への取り付け

ソーラー充電器をどこに取り付けるかは好みだが、私は助手席側のダッシュボードの上に設置することにした。
写真 青色線のように、ケーブルはなるべく見えないように隠すことにした。

ソーラー充電器の取り付け

この下から上に伸びている、助手席のドアを密閉するためのゴムの裏にケーブルを隠した。

ケーブルを隠す

私の車(ハリアー30系)は、ヒューズボックスはグローブボックス下にあるため、グローブボックス下のこのパネルを外す。
(マイナスドライバーで3箇所の爪を外せば簡単に外せる)

ヒューズボックスへアクセス

下から上を見上げると、ヒューズボックスにアクセスできる。
(この写真は、STOPというブレーキランプの常時電源 10A のヒューズから、既に電源を取り出してしまっているところ)

ヒューズボックスから電源を取り出す

ヒューズの配列は、車のマニュアルに載っている。
どのヒューズ端子から電源を取るか?が悩むところだ。

ソーラー充電器による給電は、車のエンジンを切っている時も給電を継続したいため、常時電源に接続することが望ましい。

常時電源で、危なくない端子としては、「室内灯」「ブレーキランプ(制御灯)」あたりが良いだろう。
室内灯は、ボンネット側のヒューズボックスにしか無かったため、⑦STOP ブレーキランプ(制御灯)から電源を取ることにした。

※このとき、ECUなど車の中枢関連のヒューズは絶対に触らない方が良い!最悪の場合車が動かなくなります

ヒューズボックスの配列
ヒューズボックスの配列

なお、ヒューズを交換する時は、安全のために、車のバッテリーのマイナス端子を外してから作業を行いましょう!

ヒューズを外す工具は、実はボンネット側のヒューズボックスの蓋の裏に付いていたりするので、確認してみると良いだろう(この↓白いプラスチックのものがヒューズ外し工具だ)。

ボンネット側のヒューズボックス

マイナス端子は、GNDに接続する。
つまりは、車の金属部分であればどこに取り付けても、理論上問題ない。

ちょうど、エアコンを留めある金属にネジがあったので、ドライブレコーダーの電源を取ったときと同じく、ここにマイナス端子を接続することにした。

マイナス端子の接続

余った配線を結束バンド等で束ねてきれいにしておく。

配線を束ねる

これで取り付けは完了だ。

ざっと15分で設置することができた。
とても簡単だった!

ソーラー充電器の設置

ソーラー充電器の効果は!?

それでは、気になる効果を計測してみたいと思う。
よく晴れた日の朝9時に、バッテリーから浪費される暗電流を計測してみた。

ソーラー充電器が稼働しているところ

ボンネットを開けて、バッテリーのマイナス端子を外す。

オーム電機(Ohm Electric) 普及型デジタルテスター TST-KJ830

オーム電機(Ohm Electric) 普及型デジタルテスター TST-KJ830

1,105円(05/25 16:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

下記のようにテスターを接続し、電流計測モードである「mA」に合わせて、電流値を計測する。
車側のマイナス端子:テスターのマイナス端子
バッテリーのマイナス側の端子:テスターのプラス端子

※このとき、感電の危険を回避するため、手袋を身につけて作業しましょう!

暗電流の計測

ソーラー充電器を取り付けた後の暗電流値は 0.25mA であった。

ソーラー充電器を取り付ける前の暗電流:25mA
ソーラー充電器を取り付けた後の暗電流:0.25mA

ちょうど暗電流と同じ 25mA を太陽光発電により電力共有をしてくれたようで、日中帯は暗電流と太陽光発電量が相殺できるようになった。

これは素晴らしい!

ソーラー充電器を取り付けた後、嬉しい誤算だが、エンジンをかける際のセルの回りが良くなった気がする。

また、バッテリーは、高い電圧を保っていれば、バッテリー内部のマイナス端子に絶縁体である鉛結晶が付着するサルフェーションは発生しづらいらしいので、バッテリーの寿命を伸ばす効果も期待できるらしい。

2500円で取り付けられるので、車に乗らない期間がある程度ある人は、ソーラー充電器を取り付けた方が良いんじゃないですか?と思ったりしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました