車のスピーカーを交換した話



カースピーカーの交換

カーオーディオの音質を向上させたいと思ったら、最も手っ取り早いのは、スピーカーの交換だ。

純正でインストールされているスピーカーは、たいていショボい

私は、ハリアー350G Lプレミアムパッケージに乗っているのだが、純正スピーカーを取り出してみると、こんな感じ↓

純正スピーカー

持ち上げると軽い軽い

見よこのマグネットの小ささ。私のイチモツくらいの太さしかないんじゃないの?肉眼で見れますか?って感じ

スピーカーの音が鳴る原理は、磁石(マグネット)の近くでコイルに電流を流し、電磁誘導により磁場を反発させて、この力を利用してスピーカーコーンを動かすというもの。

この磁石がショボいと、それだけスピーカーコーンを動かすための反発の力が弱くなるので、迫力のある音が鳴らない。特に、低音は大きくスピーカーコーンを動かさないといけないので、磁石の強い磁場が必要となる。

オーディオのマニアの間で有名な話だが、「良い音を出したければ、少なくとも大きなマグネットを積んだスピーカーを使うこと」と言われている。

メルカリで安くて良いスピーカーが無いかな?…と探していると、3000円を切る価格で、Pioneer カロッツェリア TS-F17 が売られていたので、気づいたらポチっていた。

みよこの価格でこのマグネットのサイズ↓

カースピーカー TS-F17

古いスピーカーで、定価もかなり安いが、純正よりは良かろうということで、さっそく交換することに。

スピーカーユニットに、ツイーター(高音を出すための口径の小さいユニット)が付いており、コアキシャルスピーカーと言う。
(反対に、ツイーターが別々に別れているものは、セパレートスピーカーと言う)

セパレートスピーカーの方が、定位が高く、臨場感といい良いのだが、車内にツイーター取り付けの施工をしないといけないので面倒だ。

とりあえずお試しということで、コアキシャルスピーカーにした。

TS-F17スピーカー

ツイーターの向きは、変えれるようになっており、高音の大きさなどの好みで変更可能だ。

ちなみに、Pioneer カロッツェリア TS-F17は、評判が良かったので、その後に TS-F1710 → TS-F1720 → TS-F1730 → TS-F1740 とマイナーチェンジを繰り返している。

それだけ、多くの人に愛されているスピーカーなのだ。

カロッツェリア(パイオニア) 17cm2ウェイスピーカー ハイレゾ対応 TS-F1740
  • カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
  • 価格   ¥ 6,152 ¥ 8,800 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp

インナーバッフル

ハリアーのスピーカー取付部は、楕円形という斬新な形状をしている。そのため、インナーバッフルという板をスペーサーとしてかまさないといけない。

このインナーバッフルが音に与える影響も甚大で、注意して選んだ方が良い。

スピーカーの振動が、ドアに伝わるかは、このインナーバッフルの性能にかかっている。
なるべくガッチリと固定できる強いインナーバッフルを選んだ方が良い。

とは言って、重さやコストの関連があるので、MDF材という木の合板を使用した製品が一般的だ。

私は、アルパインのKTX-Y177Bを購入した。メルカリで。ボロボロのKTX-Y177Bが2000円ちょっとで売られていたので、ポチった。

メルカリで購入したインナーバッフルはボロボロ で、前のオーナーの使った跡のネジが飛び出していたりとサプライズがあったが、ガッチリスピーカーユニットを固定できればよく、インナーバッフルは目に見えないところにインストールされるので、問題ない。

インナーバッフル KTX-Y177B

ミニボートのモーターマウント用に買っておいたステンレスの手頃なネジがあったので、これで固定した。ガッチリ固定できた。

インナーバッフルKTX-Y177B

手元にあったネジなので、インナーバッフルから突き抜けて飛び出しているのはご愛嬌だ。

国産メーカーの車のスピーカー端子は、ちょっと特殊な形状なため、こういうアダプタ↓をかませてあげる必要がある。

エーモン AODEA(オーディア) スピーカー変換ハーネス T型汎用 2076
  • エーモン(amon)
  • 価格   ¥ 626
  • 販売者 Amazon.co.jp

いざ、カースピーカーの交換!

デッドニングが終わったフロントドアに、購入したカースピーカーをインストールする。

デッドニングの方法は、以下のエントリに書いたので適宜参照ください。内張り剥がしの方法も書いています。

デッドニングとは? カーオーディオの基本事項に、デッドニングがある。 デッドニングとはなにか? 日本では「デッドニング」とだけ...

内張りを外して、スピーカーホールにアクセス↓

デッドニング - スピーカーホール

ここで、インナーバッフルを充てがってみると、ドアの鉄板とインナーバッフルの間に隙間が生まれてしまうことが判明。

隙間があると、反対位相の音が前面に回り込み、キャンセリングノイズとして悪さをする。

そこで、こういった隙間テープで間を埋めてあげる(材質は、防音の効果からできればエプトシーラーが良い)。

3M スコッチ すき間ふさぎ防水テープ 7mm厚x10mm幅x2m EN-77
  • スリーエム(3M)
  • 価格   ¥ 377
  • 販売者 Amazon.co.jp

隙間テープをペタペタ

ぐるりと1周インナーバッフルを囲めばOK

隙間テープを貼ったインナーバッフル

これに加えて、車内側にあるスピーカーを保護するためのネット(内張り)とドアの間の隙間に音が漏れないように、フロント側にも隙間テープを貼っておくと良い。

エプトシーラーによるデッドニング

あとは、もともと純正スピーカーを取り付けていたネジを使って、スピーカーを取り付ければOKだ

カースピーカーの交換

ついでに、制振シートを貼るなど、デッドニングをオススメする。
スピーカーが持つ本来の性能を引き出すことができるからだ。

カースピーカー交換のついでに制振シート

内張りを戻したら完成!

車内から見ると、うっすらスピーカーコーンや、インナーバッフルの茶色が見えて、少しアクセントになりカッコいい。

車内から見たカースピーカーの外観

交換後の音の感想

スピーカーを交換した後は、1日くらい大きめのボリュームで音楽を流して、スピーカーを落ち着かせた方が良い。

エイジングともまた違うと思うのだが、1日くらいは、スピーカー等が少し動いて最適にハマる場所を模索するようで、最初は低音スカスカで迫力が無いのである。

しばらく経った後の音質の感想はこんな感じだ。

[低音]
低音の迫力がズドンズドンになった。あと、純正では出ていなかった超低音も出るようになった。EDMやR&Dなどを聴くことが多い私は、低音の迫力は嬉しい。腹に来るズーーーーンという音を鳴らせるようになった。大きなマグネットのおかげかな?

[中音]
中音はあんまり変わらない。音圧が少し高くなったかな?程度

[高音]
さすがツイーターという感じ。これまで、ツイーターが無く、ダッシュボードにスコーカーが付いているだけだったので、高音のキラキラとした音がとてもキレイになった。特に、シンバルや鈴の音がキラキラしてきれいだ。加えて、ステレオ感が向上した。高音のこれまで聞こえなかった音も聞こえるようになった。

[全体]
1枚ベールを剥がしたように、クリアさが増した。そして、高音がキラキラして澄み渡り、低音の迫力が増した。音量を上げても、疲れない音になった。純正と比較すると雲泥の差だ。スピーカーを交換してよかった。

手間はかかるが、フロントスピーカーは絶対交換した方が良い。車で音楽を聴くのが更に楽しくなった。

この記事も読まれています

デッドニングとは? カーオーディオの基本事項に、デッドニングがある。 デッドニングとはなにか? 日本では「デッドニング」とだけ...
車内を静音化したい 車内は静かであることに超したことはない。 「静かな車内で、良い音楽に感動する」「オーディオの良い音に酔いしれる」...
ドライブレコーダーの電源について 今流行のドライブレコーダーだが、配線引き回しが面倒なんだよね。。 なんとかならんのか?特にリアのド...
ウィンカーをLED化する 私はけっこう待ちぼうけを食らうことが多い。 エコ(低燃費)のためにも、エンジンを切ってハザードをチカチカと...
サイドマーカーのLED化 ウィンカーやハザードを点けると、サイドマーカーがアンバー色に光る。 ハザードって、路駐して人を待ってるとき...
テールランプのLED化 テールランプ(リアスモールランプ)は、夜間に常に灯火することになる。 私の車(ハリアー350G Lパッケージ...
バックランプをLED化する バックをする際に、「暗いなぁ」と思うことがよくある。 車内から後ろを見ても、バックモニタを見ても、暗くて...
ハイビームをLED化 ハイビームは、LED化するメリットが大きいパーツだ。 ・LEDは瞬時に100%の明かりになるため、パッシン...
ルームランプLED化の効果 ルームランプがハロゲン灯の場合、触ってみると分かるが、とても熱くなる。 それだけ、電力を消費して...
フォグランプをLED化 フォグランプのLED化はお手軽にできて、車のイメージもピシっと変わるカスタムなので、けっこうチャレンジする人が多い...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする