ツイーターを純正から社外品に交換したら音質バク上げな話



ツイーターの交換

カーオーディオの音質を手っ取り早く向上させる方法スピーカーの交換だ。

フロントドアのスピーカーを交換した(下記エントリー)後、高音域のショボさが耳につくようになってしまい、ツイーターを交換することに。

カースピーカーの交換 カーオーディオの音質を向上させたいと思ったら、最も手っ取り早いのは、スピーカーの交換だ。 純正でインス...

私の車ハリアー30系(350G Lパッケージ)の純正ツイーターはこんなものだ↓。

ハリアー純正ツイーター

割としっかりしたマグネットが付いており、8Ω 8Wというスペックだ。
けっこうズッシリと重いツイーターだ。ツイーターというより、スコーカーかな?

ハリアー純正ツイーター

「86180-48180」という型番を調べると、モノタロウで 5,600円 で売られている。実は割と悪くないツイーターのようだ。

交換するツイーター TS-T77

カロッツェリア TS-T77 (定価は 14,700円)が、メルカリで破格で売られていたので、思わずポチってしまった。

TS-T77 カロッツェリアツイーター

TS-T77の仕様はこんな感じ↓

スピーカー構成2.7cmスーパーワイドレンジ&ロータリートゥイーター(ハイブリッドドームタイプ)
瞬間最大入力180W(4Ω換算値)
定格入力50W(4Ω換算値)
再生周波数帯域2,000~70,000Hz
出力音圧レベル90dB
インピーダンス8Ω(ネットワーク付)
コード長2m
質量(1個)0.15kg
外形寸法φ44(W)×55(H)×51(D)mm

ツイーターのコーンに、2種類の素材を使っていて、70kHzまでの超高音域再生を実現していて、可聴域である20kHzあたりは、楽勝に再生できるらしい。

スピーカーケーブルは、OFC(無酸素銅)ケーブルが使われており伝送ロスを大幅に低減しているらしい。

安いエントリーモデルと違い、ミドルクラスのツイーターで、webではけっこう評判が良い。

ツイーターの交換

車の説明書には、「Aピラーを外す」→「ツイーターカバーを外す」という手順が書かれている。
しかし、Aピラーは特殊なクリップで留められており、先の曲がったペンチなどが必要で、外すのがたいへんだ。

実は、Aピラーを外さなくても、カバーは外すことができる。↓写真の左下の凹んだ溝のところに、マイナスドライバーを突っ込んで、テコの原理で持ち上げれば、簡単に外れる。

ツイーターのカバー

こういうクリップで留まっているだけ↓

ツイーターのカバー

純正ツイーターとご対面↓

10mmナットで留まっているので、これを外すだけで、ツイーターを外すことができる。

ハリアー純正ツイーター

配線は、4極のカプラーで接続されている。カプラーは奥の留め具1箇所を押しながら引っ張ると外れる↓

ハリアー純正ツイーター

ツイーターを外すと、こんな感じにスッポリ穴が空く↓

ツイーターを外したところ

ハイパスフィルター(パッシブネットワーク)の作成

TS-T77には、ネットワークが付属している。

だが、メルカリで購入したTS-T77には、ネットワークが付属していなかったので、自分でパッシブネットワークを組むことにした。

ツイーターに低音域の信号が入らないように、キャパシタ(コンデンサ)を直列に接続し、ハイパスフィルターを作る。

ツイーターの再生可能域は2kHz〜70kHzなので、4kHzくらいをカットオフ周波数にするとちょうどよい
(ツイーターとミッドウーファーの境界周波数は、だいたい4kHzであることが、オーディオ界の常識だ)

ツイーターのインピーダンスは8Ω、カットオフ周波数を 4kHz にしたいので、4.7uFの容量のコンデンサを使えば、ちょうどよい。

厳密には、このセッティングだと、カットオフ周波数は 4.2kHz になる。

ということで、たまたま家にあったバイポーラ型コンデンサ(無極性)で音質が良い、ニチコン MUSE ES 4.7uF (50V) を使用することに。

Nichicon muse es

直列に入るコンデンサなので、音質への影響が大きい。

高周波特性の良い、シズキのフィルムコンデンサなどもオススメ↓

こんな感じで、カプラーとツイーターの間にサクッとハンダ付けして、熱収縮チューブで包んで絶縁した。

ハンダ付け

ちなみに、カロッツェリアのツイーターの配線コードの極性は、「黒いラインが入っている方がマイナス」だ。
(もう一つの判別の仕方は、ギボシ端子のメス側がマイナス

ハイパスフィルターのコンデンサは、プラス側/マイナス側のどちらに付けても良い
(音は、交流成分の信号なので)

純正ツイーターには、マイナス側にコンデンサが付いていた。私も、配線の長さの都合でマイナス側にコンデンサを付けた。

社外ツイーターの設置

さて、いよいよ設置していく。

カプラーにつなぐだけだ。

社外ツイーターの取り付け

余った配線は、結束バンドで束ねる。車の振動でケーブルが車体にあたってノイズが載らないように、100円均一で買った靴下でケーブルを包んでおいた。

結束バンドで配線を束ねる

設置完了

ボンネットに直接両面テープを貼ると、剥がす時にボンネットを傷つけそうで怖いので、ツイーターカバーのアミアミの上に両面テープで付けることにした。

社外ツイーターの設置

Aピラーに埋め込んでも良かったのだが、一旦簡単に両面テープで設置。

ツイーターは小さいので、四隅に設置しても、運転の視界の邪魔にならない。

社外ツイーターの設置

助手席側はこんな感じ↓

社外ツイーターの設置

ツイーター交換後の音質

オッタマゲタ!なぜもっと早くツイーターを交換しなかったのだろう。

純正ツイーターは、そのマグネットのサイズから、けっこう良い品質だと思いこんでいたが、カロッツェリアのTS-T77に交換すると、純正はカスだったことに気づいてしまった。

【音の変化】

高音域ベールを2枚ほど剥がしたくらいクリアになった。これまでの高音はいかに濁っていたことか。
音の輪郭がハッキリし、細かい音も聴き分けられるようになった。
ギターの音の艶、女性ボーカルの声の艶、鈴の音の涼しさなど、ウットリする音になった。
パワフルなツイーターにすることで、シャリシャリ感が出るかと恐れていたが、全然問題なかった。
低音域ツイーターを交換したので、低音域には変化はないだろうと思っていたが、トコロガドッコイ!
高音域がスッキリしたおかげか、ボリュームを上げても煩くなくなり、相対的に低音の迫力が増した。また、高音域のスピード感が向上した恩恵か、低音にも指向性があるように感じられるようになった(ベース音も前から出てくるような錯覚を覚える)。
全体全体的に圧倒的に解像度が増した。そのお陰か、ステレオ感が増した
ライブで眼の前で歌ってくれているような音場定位が向上
ボリュームは上げるようになったのに、聴き疲れしなくなった

実は、フロントドアのミッドウーファーの交換よりも前に、ツイーターを交換する方が、音質向上の効果が高いかもしれない。

しかも、カロッツェリアやKENWOODのツイーターは、かなり安く売られている。コストパフォマンスの高いカスタムだ。

カーオーディオの電源ラインのノイズ除去 私は、車ではBluetoothアダプタを介して音楽を聴いている。 Bluetooth...



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする