ハリアー30系後期 フォグランプをLED化




フォグランプをLED化

フォグランプのLED化はお手軽にできて、車のイメージもピシっと変わるカスタムなので、けっこうチャレンジする人が多いと思う。

これに漏れることなく、私もフォグランプのLED化をやってみた。

純正のフォグランプは、ハロゲンランプで、このように黄色い暖かみのある色だ。

私の場合、ポジションランプ(車幅灯)をLED化したので、色のアンマッチが大きい。

フォグランプは、黄色い方が霧や雪の際の視認性が向上するため実用的である。

ただ、霧や雪のところにはあまり行かず、街乗りメインでファッション性(ただのカッコつけ)の観点から、ポジションランプと同じホワイトのLEDにすることにした。

LEDフォグランプ

Amazonと楽天市場で適合するフォグランプを探した。

ハリアー30系に合うフォグランプは、HB4 という規格のものを探すと良い。

楽天市場で、HB4 の 30W で 2500円 のLEDフォグランプを見つけて、安かったのでこれにしてみた。

これ↓(楽天市場のリンクになってます)
ハリアー30系 LEDフォグランプ

いざ到着してみると、30Wのランプを注文したのに、80Wの4500円くらいするものが送られてきた。

値段的にはラッキーだが、対向車が眩しくないように、30Wのものが良かったのだが。。。

面倒なので、このまま装着することに。

80Wのものは、CREE Xlampシリーズ XT-E 5W LEDを16基つかったものらしい。

80Wというのは、あくまで電球換算のワット数で、LEDだと数W程度しか電力は消費しない。

ハリアー30系への取り付け方法

親切に、購入したLEDバルブに、ハリアー30系への取り付け説明書が載っていた。

バンパーの下に穴があり、そこから覗くと、このような赤いプラグが見えると思う。

これが、フォグランプのバルブに電力を送っている部分だ。

まずは、このプラグを持って、反時計回りにひねると、バルブが外れる。

エンジンOFF、ライトの電源OFFにしているとは言え、安全のために、絶縁性のある手袋を付けて作業をすると良い。私は、100円均一で手袋を買った。

こんな感じに外れると思う。

これが純正のハロゲンランプだ。

赤いプラグと、ハロゲンランプのバルブは、爪を押すと外れるようになっているので、爪を押して外す。

助手席側、運転席側の両方を交換し、取り付ける。

いざ、点灯↓(ピカッ)

良い感じに、ポジションランプと同じホワイトになった。

消費電力も小さく、バッテリーに負荷をかけなくなった。

光量が少ないためか、明確なカットラインは出ないが、少し上から覗いても、眩しくないため、対向車の目が眩むことは無いだろう。

雨の日など、視界が悪い時に使っていこうと思う。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする